トップ >> 列車と停車駅 >> 山形新幹線の車両

山形新幹線の車両のご案内

山形新幹線に使われている車両はE3系です。このページでは、JR東日本の山形新幹線の使用車両についてご案内します。

広告

山形新幹線を走る車両の種類

山形新幹線を走る列車は「つばさ」のみです。車両はE3系の1種類のみです。かつて走っていた400系は2010年に引退しています。

E3系
1997年に登場した山形新幹線直通用の車両です。山形新幹線「つばさ」に主に使われ、一部の「やまびこ」「なすの」にも用いられます。6両編成で、E2系10両と併結して運転することが多いです。コンセントは新しい車両(E3系2000番台)ではグリーン車の全座席と普通車の窓側(A・E席)・最前部・最後部の座席に設けられています。古いタイプのE3系にはコンセントはありません。全席禁煙で、喫煙ルームはありません。最高速度は275km/hです。
E3系とれいゆつばさ
2014年に登場した山形新幹線の観光列車です。秋田新幹線に使われていた初期型のE3系を改造したものです。基本的に福島〜山形〜新庄間で運用され、東北新幹線には原則として乗り入れません。6両編成で、お座敷指定席、足湯、ラウンジなどを車内に備えます。

写真:JR東日本ホームページより



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com