新幹線チケットの領収書のもらい方

乗車ガイド予約から乗車まで

新幹線チケットの領収書のもらい方についてご案内します。新幹線チケットの領収書は、購入時に発行してもらうことができます。

PR

駅の窓口で領収書をもらう

JRの駅窓口で新幹線チケット(きっぷ)を購入した場合、「領収書をください」といえば紙の領収書を出してくれます。何も言わないと出してくれません。現金購入でもクレジット購入でも領収書をもらうことは可能です。

東海道新幹線

自動券売機で領収書を出す

JR駅の券売機(指定席券売機、みどりの券売機など)で新幹線チケットを購入した場合は、支払後の画面に「領収書」というボタンが大きく表示されます。このボタンを押すと領収書が出てきます。

「領収書ボタン」はかなり大きく目立ちますので、自動券売機では領収書をもらい忘れることはないでしょう。日ごろから券売機で買うようにしていると、領収書のもらい忘れを防げます。

PR

旅行会社で領収書をもらう

旅行会社で新幹線のチケットを購入した場合は、その旅行会社で領収書をもらえます。

旅行会社の窓口で支払った際に、領収書を発行してもらいましょう。

金券ショップで領収書をもらう

金券ショップで新幹線の格安チケットを購入した場合は、買ったお店で領収書(レシート)をもらうことができます。JR名義の領収書をもらうことはできません。

金券ショップで3万円以上のきっぷを購入した場合、領収書をもらう際に収入印紙代を請求されることがあります。

PR

領収書をもらい忘れたら

JR駅の窓口できっぷを購入して、領収書をもらい忘れた場合はどうしたらいいでしょうか。その場合は、利用前ならば、購入したきっぷ(乗車券と特急券)を持参して、購入した駅の窓口へ行けば領収書を発行してもらえます。

利用後、列車から降りてしまった後は、きっぷは全部回収されてしまっていますので、領収書をもらうことはできません。

利用中、すなわち新幹線に乗っている最中に気づいた場合は、下車駅で改札口を出る前に精算所に行って、領収書を出して欲しいと依頼すれば出してもらえることもあります。

あるいは、改札口できっぷに「無効印」を押してもらって外に出れば、きっぷ自体は手元に残ります。きっぷそのものは領収書ではありませんが、支払いの証明にはなります。