新幹線のコンセントのご案内

列車のご案内車内設備

新幹線の座席のコンセントについてご案内するページです。最近の新幹線車両には、モバイル電源用として座席にコンセントが用意されていますが、古い車両では付いていない場合もあります。

PR

新幹線座席のコンセント

最新の新幹線車両では、普通車、グリーン車を問わず、全席にモバイル電源用のコンセントが装備されています。一方、古い車両では、一部座席のみだったり、まったくコンセントが装備されていない場合もあります。

以下では、各新幹線ごとに、コンセントの付いている車両と座席についてご案内します。

コンセント

東海道新幹線

N700S系

「のぞみ」「ひかり」「こだま」として運行。普通車、グリーン車の全座席にモバイル電源用コンセントが設置されています。

N700A系

「のぞみ」「ひかり」「こだま」として運行。グリーン車の全座席と普通車(指定席・自由席)の窓側(A・E席)・最前列と最後列の全座席にモバイル電源用コンセントが設置されています。普通車のB、C、D席にはコンセントがありません。

山陽新幹線

N700S系

「のぞみ」「ひかり」として運行する16両編成。普通車、グリーン車の全座席にモバイル電源用コンセントが設置されています。

N700A系

「のぞみ」「ひかり」として運行する16両編成。グリーン車の全座席と普通車(指定席・自由席)の窓側(A・E席)・最前列と最後列の全座席にモバイル電源用コンセントが設置されています。普通車のB、C、D席にはコンセントがありません。

N700系

「みずほ」「さくら」「ひかり」「こだま」として運行する8両編成。グリーン車の全座席と普通車(指定席・自由席)の窓側(A・E席)・最前列と最後列の全座席にモバイル電源用コンセントが設置されています。普通車のB、C、D席にはコンセントがありません。

700系

「ひかり」「こだま」として運行する8両編成。一部車両の最前列と最後列座席の壁にモバイル電源用コンセントが設置されています。コンセントが付いていない車両もあります。

500系

「こだま」として運行する8両編成。全ての車両でモバイル電源用コンセントは未設置です。

PR

九州新幹線

800系

「さくら」「つばめ」として運行する6両編成。普通車(指定席・自由席)の最前列と最後列座席の壁にモバイル電源用コンセントが設置されています。それ以外の座席にはコンセントはありません。

N700系

「みずほ」「さくら」「つばめ」として運行する8両編成。グリーン車の全座席と普通車(指定席・自由席)の窓側(A・E席)・最前列と最後列の全座席にモバイル電源用コンセントが設置されています。普通車のB、C、D席にはコンセントがありません。

西九州新幹線

N700S系

「かもめ」として運行する6両編成。全座席にモバイル電源用コンセントが設置されています。

PR

東北・北海道・山形・秋田新幹線

E8系

おもに「つばさ」として運行。普通車、グリーン車の全座席にモバイル電源用コンセントが設置されています。

E6系

おもに「こまち」として運行。グリーン車の全座席と普通車(指定席・自由席)の窓側(A・D席)・最前列と最後列座席にモバイル電源用コンセントが設置されています。普通車のB・C席にはコンセントがありません。一部の新しい車両では、普通車も全席コンセントが装備されています。

E5系/H5系

「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」「なすの」として運行。グランクラス・グリーン車の全座席と、普通車(指定席・自由席)の窓側(A・E席)、最前列と最後列座席の壁にモバイル電源用コンセントが設置されています。

一部の新しい車両では、普通車も全席にモバイル電源用コンセントが装備されています。H5系は全席装備です。

E3系

おもに「つばさ」として運行。一部の車両に、グリーン車の全座席と普通車(指定席・自由席)の窓側(A・D席)、最前列と最後列座席の壁にモバイル電源用コンセントが設置されています。ただし、E3系車両では、モバイル電源用コンセントが未設置の車両のほうが多いです(E3系1000番台)。

PR

上越・北陸新幹線

E7/W7系

「とき」「たにがわ」「かがやき」「はくたか」「あさま」「つるぎ」として運行。グリーン車、普通車の全席にモバイル電源用コンセントが設置されています。

E2系

「とき」「たにがわ」として運行。一部の車両にのみ、モバイル電源用コンセントがついています。グリーン車には中央の肘掛先端に左右両席用として1口づつ、普通車(指定席・自由席)には窓側(A・E席)・最前列と最後列座席の壁にモバイル電源用コンセントが設置されています。

ただし、E2系では、コンセント未設置の車両が多いです。

新幹線車両のコンセントの利用方法

新幹線の座席または壁に設置されているモバイル電源用コンセントを利用する際には、手続きなどは不要です。空いていれば、誰でも自由にご自分の電子機器のプラグを差し込んで充電などを行うことができます。

清掃用などに設置されている業務用コンセントについては、旅客は利用できません。