旅行会社で購入したきっぷ類のルール

ルールきっぷとルール

旅行会社で買ったきっぷ類の特別ルールについてご案内します。詳細は、それぞれのきっぷ類の購入時にご確認ください。

PR

旅行会社で買えるきっぷ類とは?

旅行会社で買える新幹線のきっぷ類には、大きく分けて二つあります。

・JRの正規運賃・料金のきっぷ
・旅行商品(ツアー)の乗車票

JRの正規運賃・料金のきっぷは、JRからの販売委託を受けて旅行会社の窓口で販売しているもので、効力はJR駅の窓口で購入した場合と同じです。ただし、払い戻しの際は、JR駅窓口では受け付けてもらえず、購入した旅行会社で扱ってもらう必要があります。それ以外は、JRの通常のきっぷのルールに準じます。

旅行商品(ツアー)の「乗車票」とは、パッケージツアーのチケットです。正確にはJRの「きっぷ」ではありません。そのため、この項目でも「きっぷ類」と表現しています。旅行ツアーの乗車票は、JRの正規運賃・料金のきっぷとはルールが異なります。

東海道新幹線と富士山

ツアーとは

旅行会社のツアーとは、旅行会社が鉄道会社から座席を仕入れて、独自の商品として販売する商品を指します。

たとえば、新幹線と宿泊がセットになった「レールパック」はツアーです。「新幹線ダイレクトパック」といった、列車と宿泊を選んでまとめて購入する商品もツアーです。

「JRで行く京都周遊の旅」といったパッケージになっているのもツアーです。「びゅう日帰りスキー・スノボ」もツアーです。「ぷらっとこだま」「バリ得こだま」のような片道の旅でもツアーです。

ツアーの価格は格安ですが、それはJRを団体扱いの価格で利用しているから、と考えればいいでしょう。そのため、普通のきっぷとは異なるルールが適用されます。

PR

乗車票とは

旅行会社のツアーを利用して新幹線を利用するときに渡されるのが、「乗車票」です。これが、ツアー利用時の新幹線チケットと考えてかまいません。

乗車票にも種類があり、たとえば旅行会社のパッケージツアーなら「(契)乗車票」、「ぷらっとこだま」なら、「こだま乗車票」などと書かれています。いずれにしろ、それが新幹線に乗れる大切なチケットです。

変更ができない

ツアーの乗車票は、原則として変更ができません。

利用日、利用列車、利用区間の変更など、一切の変更ができません。同一列車の座席変更もできません。変更をする場合、取消後の再予約になります。

座席を移動できない

指定席の乗車票の場合、券面に記載された乗車月日、区間、指定された列車の席に限り利用できます。他の列車や自由席は利用できないのが原則です。

したがって、乗車した列車がガラガラだったとしても、移動して違う席に座ることはできません。

ただし、一部には自由席のツアーもありますし、他の列車を利用できるものもあります。

PR

途中乗降ができない

券面に記載された区間に限り利用できます。区間内であっても、途中から乗ったり、途中で降りたりすることは、原則としてできません。

たとえば、東京から仙台の乗車票で、大宮から新幹線に乗る、といったこともできません。東京から新大阪の乗車票で、京都で降りて前途を放棄することもできません。これらの場合、別途出発地からの乗車券、特急券が必要となります。

途中駅から乗ることができないというのは、通常きっぷの常識から考えるとかなり厳しいルールですので、よく覚えておきましょう。

一部のツアーでは、途中乗降できる場合もありますが、その場合は、乗車票に記載されています。

乗り遅れても救済なし

乗り遅れた場合、後続列車の自由席に乗ることは、基本的にできません。ただし、一部のツアーでは後続列車に乗れるものもあります。

改札口が限定されている場合もある

「ぷらっとこだま」のような一部のツアー乗車票では、乗降できる改札口が限定されている場合があります。

紛失再発行は可能

乗車票を紛失してしまった場合に、新たに購入した紛失再発行の証明を受けた乗車券・特急券等があれば、後日乗車票が発券された場合に、払い戻しが受けられます。このルールは、通常のきっぷと同じです。このルールの詳細は「きっぷを紛失したら」の項目をご覧ください。

新幹線のきっぷを紛失した場合
新幹線のきっぷを紛失した場合の手続きについてご案内します。