新幹線に乗り遅れた場合

きっぷとルールルール

新幹線の乗車予定の列車に乗り遅れた場合のルールについてご案内します。原則として、当日の後続列車に乗ることができます。

PR

指定席に乗り遅れた場合

新幹線の指定席券は、予約した列車に乗り遅れた場合は無効になります。払い戻しもできません。

ただし、正規料金で購入したきっぷや、多くの割引きっぷでは、予約した同じ日の後続の新幹線列車の自由席に乗ることができます

後続列車の自由席に乗る場合、手続きは不要です。来た列車の自由席の好きな席に座れます。

乗り遅れた指定席特急券も、当日に限り、自由席特急券と同じ扱いで改札を抜けることができます。自動改札も当日中は問題なく通れます。

後続列車の指定席に乗りたい場合は、指定席特急料金を払って買い直さなければなりません。

旅行会社のツアーの乗車票や、割引率の高い格安チケットでは、乗り遅れた場合、後続の自由席にも指定席にも一切乗れず、きっぷが無効になる場合があります。こうしたチケットをお持ちの際はご注意ください。

N700S

PR

全車指定席列車に乗り遅れた場合

全車指定席の「はやぶさ」「こまち」に乗り遅れた場合、その日の後続の「はやぶさ」「はやて」「こまち」を立席で利用することができます。立席というのは、デッキに立つことを指しますが、指定席に空席があれば座ってもかまいません。

その日の後続の「やまびこ」などの自由席に乗ることもできます。手続きは不要です。

全車指定席の「かがやき」「はやて」に乗り遅れた場合は、その日の後続の「かがやき」「はやて」に立席で利用できます。また、その日の後続の「はくたか」「やまびこ」などの自由席にも乗車できます。手続きは不要です。

自由席に乗り遅れた場合

自由席特急券を持っていて、予定の列車に乗り遅れた場合は、手続きなしに当日の後続の列車の自由席に乗ることができます