新幹線の予約の取り消し・払い戻し

ルールきっぷとルール

新幹線の特急券の取消や払戻についてご案内します。新幹線特急券は、使用開始前なら予約を取り消して払い戻すことができます。払い戻しには所定の手数料がかかります。

PR

予約の取り消し・払い戻し

新幹線の列車・座席を予約したきっぷは「特急券(指定席特急券)」といいます。新幹線に乗車するには、このほか「乗車券」が必要で、通常はセットで販売されています。

新幹線の予約を取り消して払い戻すには、特急券と乗車券のそれぞれについて払戻手数料がかかります

新幹線の取消・払戻手数料は以下の通りです(正規価格で購入の場合)。インターネットで購入したきっぷについては、取消・払戻手数料が異なることがあります。

新幹線の取消・払戻手数料
座席 期限 特急券
払戻手数料
乗車券
払戻手数料
払戻手数料
の合計
自由席 乗車当日まで 220円 220円 440円
指定席
グリーン席
グランクラス
乗車2日前まで 340円 220円 560円
出発時刻まで 30% 220円 特急券価格の30%
+220円

N700S

特急券の払い戻し

指定席特急券の払戻手数料は、列車出発日の2日前までが340円、列車出発日の前日から出発時刻までが金額の30%(最低340円)です。グリーン車、グランクラスも同じです。

払い戻しができるのは列車の出発時刻までで、出発時刻以降は払い戻しできません(特急券は無効になります)。

自由席特急券の場合は、使用開始前で有効期間内(有効期間開始前も含む)なら払い戻すことができます。乗車予定の列車が出発しても、その当日なら払い戻し可能です。新幹線の自由席特急券の払戻手数料は220円です。

PR

乗車券の払い戻し

新幹線のきっぷは「乗車券+特急券」です。このため、新幹線に乗るのをやめた場合、乗車券も払い戻す必要があります。乗車券も使用開始前で有効期間内(有効期間開始前も含む)なら、払い戻すことができます。払戻手数料は220円です。

乗車券と特急券の有効期間は異なるので、予約していた列車が出発した後でも、乗車券のみ払い戻せる場合があります。乗り遅れた際は、きっぷを捨てずに、窓口に問い合わせるといいでしょう。

取り消し・払い戻しの手続場所

新幹線の指定席の予約の取り消しや、きっぷの払い戻しは、購入した場所で行うのが原則です。JR駅の窓口で購入した場合は、全国どこのJR駅の窓口でも払い戻せます。旅行会社で購入した場合も、現金で購入していれば、JR駅の窓口で払い戻すことができますし、購入した旅行会社でも払い戻せます。

JR駅の窓口でクレジットカードで購入した場合は、全国のJR駅の窓口で払い戻せます。JR他社で購入したきっぷも払い戻せます。ただし、旅行会社でクレジットカードで購入したきっぷは、JR駅窓口では払い戻せません。

インターネットで購入したきっぷは、きっぷの受け取り前なら、予約したウェブサイトで払い戻せます。きっぷを受け取った後は、通常の紙のきっぷと同じく、JR駅の窓口で払い戻します。

PR

使用開始後のきっぷ

新幹線に乗ってしまった場合は、「使用開始後」とみなされます。使用開始後の特急券は払い戻せません。

使用開始後の乗車券は、まだ乗っていない区間が100km以上あれば、その区間に関してのみ払い戻せます。この場合の払い戻し額は、発売額からすでに乗車した区間の普通運賃と手数料220円を差し引いた残額です。

払い戻せないきっぷ

新幹線回数券は、1枚でも使用してしまうと払い戻せません。そのため、金券ショップで購入した回数券のばら売りチケットは払い戻すことができません。