新幹線の途中下車

ルールきっぷとルール

新幹線の途中下車についてご案内するページです。有効期間が2日間以上のきっぷで乗車の場合、途中下車ができます。ただし、途中下車できるのは乗車券だけで、特急券は途中下車をすると前途無効になります。

PR

途中下車とは

JR線で途中下車とは、旅行の途中で改札口を出ることをいいます。新幹線で「途中下車」という場合は新幹線の改札口を出ることをいいます。さらに在来線の改札口を出ることも途中下車です。

有効期間が2日間以上ある乗車券の場合、途中下車しても、再び改札口を通って続きの区間を利用できます。東京→大阪の乗車券を所持して、名古屋駅の改札口を出ても、有効期間内なら、改札口を再び通って名古屋→大阪間を旅することができます。

よくある誤解として、「新幹線の列車を降りること」を途中下車と勘違いされている方がいますが、新幹線の列車を降りても改札口を出ないで次の列車に乗れば、途中下車ではありません。「改札口を出ること」が途中下車です。

途中下車前途無効とは

きっぷに「途中下車前途無効」とある場合、改札口を出たら、きっぷはそこで回収されてしまいます。払い戻しなどもありません。

「途中下車前途無効」と記された東京→新大阪間のきっぷで名古屋駅で降りた場合、改札口を出ることはできますが、再び改札口を通って名古屋→新大阪間を旅することはできません。

未乗区間があっても、その駅から先の区間を利用することはできません。

N700S

途中下車できるきっぷ

途中下車できるきっぷには条件があります。

まず、正規運賃の「乗車券」で101km以上を利用する場合、途中下車ができます。「片道の営業キロが101km以上の乗車券」は途中下車ができるということです。

たとえば、東京~大阪の旅行の場合、東京~大阪間は101m以上ありますから、乗車券は途中下車可能です。途中の名古屋駅で改札口を出ても、また改札口から入って旅行を続けることができます。

一方で、「新幹線特急券」は正規料金であっても途中下車できません。途中下車したら前途無効です。つまり、新幹線改札口を出る場合、新幹線特急券は回収されてしまいます。グリーン券やグランクラス券も同様で、途中下車した場合は前途無効です。

新幹線特急券は途中下車が一切できませんので、もし「東京→新大阪」の特急券を持っていた場合は、名古屋駅の改札口を出ると、そこで回収されてしまいます。

対策としては、新幹線特急券を「東京→名古屋」と「名古屋→新大阪」に分けて買っておくといいでしょう。

PR

「都区内」「市内」発着の例外

都区内発着や市内発着の乗車券の場合、同じゾーンでは途中下車できません。たとえば、「東京(都区内)→大阪(市内)」と書かれているきっぷの場合、東京都区内や大阪市内では途中下車できません。

東京都区内発のきっぷの場合、新宿駅や池袋駅から乗車できますが、それらの駅で改札口を通ってしまったら、同じ都区内の東京駅や品川駅で途中下車はできません。東京駅の大丸で弁当を買おうと思っても、改札外に出られません。

到着地の大阪市内も同様で、大阪駅まで行きたいのに、新大阪駅で改札口を出てしまったら、きっぷは回収されてしまいます。

「都区内」「市内」駅制度についての詳細は以下をご覧ください。

新幹線の「都区内」「市内」「山手線内」の範囲とルール
新幹線のきっぷの「東京(都区内)」「新大阪(市内)」「東京山手線内」などの表記についてご案内します。

きっぷの有効期間と途中下車

途中下車できるのは、きっぷの有効期間内だけです。きっぷの有効期間は、200kmまで2日、400kmまで3日、600kmまで4日、800kmまで5日、1000kmまで6日です。東京〜大阪なら600kmまでなので、4日が有効期間となります。

東京を出て、名古屋に3泊して、4日目に大阪に到着する、というスケジュールなら途中下車して問題ありません。

PR

途中下車できないきっぷ

途中下車のルールは簡単で、新幹線の101km以上のきっぷを定価で購入すれば、「乗車券は途中下車できる」「特急券は途中下車できない」ということです。

一方、割引きっぷなど、定価より安いきっぷでは、多くの場合、途中下車に制限があります。

インターネット専用きっぷ

「EX-ICサービス」「トクだ値」「スーパー早特きっぷ」などのインターネット専用の割引きっぷの多くは途中下車できません。

こうしたきっぷで途中下車した場合、前途無効となります。きっぷの種類によっては、乗った区間も無効になり、全て区間の乗車券・特急券を定価で購入を求められる場合もあります。

おトクなきっぷ

インターネット専用きっぷ以外の「お得なきっぷ」類も、多くの場合、途中下車できません。ただし、一部には乗車券部分のみ途中下車可能な場合もあります。きっぷによって異なりますので、購入前にご確認ください。

ツアーのきっぷ

旅行会社のツアーに申し込んで渡されるきっぷ(乗車票)も、ほとんどの場合、途中下車できません。途中下車した場合、前途無効になります。「ぷらっとこだま」「バリ得こだま」も同様です。

ツアーの種類によっては、途中下車した場合、全ての区間の運賃・料金について全部定価で購入を求められる場合もあります。

PR

途中下車時の改札口の通り方

途中下車する場合、乗車券と特急券を両方同時に自動改札機に入れれば、途中下車可能なきっぷのみ判別して、自動改札機から出てきます。

たとえば、東京→大阪の乗車券と東京→名古屋の新幹線特急券を名古屋駅の自動改札機を通した場合、乗車券は改札口から出てきて、特急券は回収されます。

不安な場合は、有人改札口で確認をしてから、自動改札を通るなどすればいいでしょう。