新幹線のペット料金

運賃・料金きっぷとルール

新幹線のペット料金についてご案内するページです。正式には「手回り品料金」といいます。

PR

新幹線のペット料金

新幹線に乗る際、ペットを持ち込むことは可能です。ただし、持ち込めるペットの種類やサイズには制限があります。持ち込み方法も決まっています。また、ペットのために座席を占有することはできません。

ペットなど動物を持ち込む場合は「手回り品きっぷ」が必要です。その料金が「手回り品料金」です。「手回り品料金」が「ペット料金」にあたります。価格は290円です。

ここでは、新幹線に持ち込めるペットや動物のサイズ、手回り品料金について説明します。

新幹線ペット・犬

新幹線に持ち込めるペット

新幹線に持ち込めるペット・動物類には制限があります。以下のような制限内なら持ち込むことができます。

  • 小犬、猫、鳩またはこれらに類する小動物
  • 猛獣やへびなどは不可
  • 長さ70cm以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が120cm以内のケースにいれたもの
  • ケースと動物を合わせた重さが10kg以内

簡単にまとめると、小さな犬や猫なら持ち込めますし、ハムスターなどの小動物も大丈夫です。ただし、車内に持ち込む際は、ペット専用のケースに入れる必要があります。

なお、以前は、ケースの大きさの3辺合計が「90cm程度」とされていましたが、現在は「120cm以内」と明確化されました。

このケースに入らない大型犬などは、新幹線に一緒に乗ることができません。

ただし、盲導犬、介助犬、聴導犬など、「身体障害者補助犬法」に基づき認定された身体障害者補助犬については、全ての列車において随伴して乗車できます。

PR

手回り品きっぷの購入方法

新幹線にペットを持ち込むには、「普通手回り品きっぷ」が必要です。ケース1つにつき290円です。これが新幹線の「ペット料金」といえます。

「普通手回り品きっぷ」は、乗車当日に、駅の窓口にて購入できます。購入時には持ち込むペットを見せる必要があります。

普通手回り品きっぷは、券売機などでは購入できません。

新幹線車内のペットの置き場所

新幹線車内にペット専用の置き場所はありません。ペットのための特別なスペースは新幹線車内にありませんので、自分の膝か、自席のテーブル、荷物置場に置くことになります。

新幹線のテーブル幅は約30cmありますので、そのサイズに収まるケースに入れておくと、ラクに置くことができます。

荷物置場については、車両最後部の座席後方か、専用の荷物置場があります。東海道・山陽・九州新幹線では、車両最後部の座席を「特大荷物スペース付き座席」として予約できます。

詳しくは、「荷物置場と荷物棚」の項目をご覧ください。

新幹線の荷物置場と荷物棚のご案内
新幹線の荷物置場と荷物棚についてご案内するページです。

指定席券を2枚買って座席の上にペットを置ける?

ペットをずっと膝の上に置いておくのも大変ですし、目の届かない荷物置場に置いておくのも不安、という場合、指定席券を2枚買って、1枚はペット用にしよう、とお考えの方もいるかも知れません。ペットケースを置くために自分の隣席の指定席券を購入する、ということです。これは可能なのでしょうか?

結論としては、こうした指定席券の購入はJRの規則によって禁止されています。JRでは、1人が2枚以上の乗車券を同時に使用することはできない、と定めています。ペットは「人」ではないので、ペットのために指定席を用意すると「指定席券2枚の同時使用」に該当してしまうのです。したがって、禁止です。

まとめると、ペットのために指定席券を購入することはできません。購入したとしても使用することはできません。

同様に、自由席1席分をペットのために使用することもできません。