立席特急券とは

運賃・料金きっぷとルール

新幹線の「立席特急券」についてご案内するページです。全車指定席の列車で、指定席が満席の際に発売される特急券です。

PR

立席特急券とは

新幹線の一部列車は、全車指定席で、自由席がありません。ただし、自由席の代わりに「立席」という制度があり、「立席特急券」(たちせきとっきゅうけん)を買えば、座席指定がなくても、全車指定の列車に乗ることができます。

要するに、「立席特急券」とは全車指定席列車に立って乗れるチケット、と考えればいいでしょう。

新幹線で全車指定席なのは、東北・北海道・秋田新幹線の「はやぶさ」「はやて」「こまち」と北陸新幹線の「かがやき」です。立席特急券が発売されるのは、この4列車に限られます。

立席特急券の価格は、指定席特急券から530円を引いた額です。

H5系ドア

立席特急券の基本ルール

「立席特急券」(たちせきとっきゅうけん)は、全車指定席の列車で指定席が満席になったときに発売される特急券です。全車指定席の列車のみが対象で、自由席のある新幹線列車には発売されません。

現在、全車指定席の新幹線列車は「はやぶさ」「はやて」「こまち」「かがやき」だけですから、立席特急券が販売されているのもこの4列車だけです。それ以外の新幹線列車には自由席がありますので、立席特急券は発売されません。

立席特急券は、読んで字のごとく「立って乗車する」のが原則です。券面にも「立席特急券では着席できません」と書かれています。基本的には、デッキに立って乗る特急券とお考えください。

旅客営業規則には着席不可である旨は明記されていませんので、実際には、普通車指定席に空席があれば座っても構いません。車掌に尋ねても、空席があれば座ってよいという答えが返ってきます。

ただし、その席の指定席券を持った旅客が来たら、席を譲らなければなりません。また、着席した場合、指定席特急券との差額を請求される場合があります。

発売条件と利用条件

立席特急券は、全車指定席の列車で、当該列車が満席になった場合にのみ発売されます。満席になっていない列車では立席特急券は発売されません。

立席特急券は、乗車列車が指定されます。自由席特急券とは違い、指定された列車以外に乗ることはできません

PR

立席特急券の発売日

立席特急券は、当該列車が満席になった時点で、発売が開始されます。空席がある場合は、たとえ出発直前であっても発売されません。

また、立席特急券には発売枚数の制限があり、1列車あたりで発売される数は決まっています。つまり、指定席券と立席特急券の両方が売り切れたら、その列車には乗ることができません。

現実には、立席特急券が売り切れることは滅多にありません。売り切れるのは、盆や年末年始のピーク時の人気列車くらいです。

立席特急券の発売場所

立席特急券の発売場所はJRのみどりの窓口です。乗車日の前日以降は、指定席券売機でも発売されます。

PR

立席特急料金

立席特急券の価格を「立席特急料金」といいます。立席特急料金は、通常期の指定席の特急料金から530円を引いた額です。

「はやぶさ」「こまち」の場合は加算運賃が設定されていますので、加算運賃の指定席特急料金から530円を引いた額です。したがって、加算料金が設定されていない列車(やまびこ、なすの)の自由席よりは高額になります。

立席特急券と自由席特急券の違い

立席特急券と自由席特急券の違いをまとめてみましょう。

  • 立席特急券は全車指定席の列車に乗ることができる。
  • 自由席特急券は全車指定席の列車に乗ることはできない。
  • 立席特急券は、定められた1つの列車にしか乗れない。
  • 自由席特急券は当日のどの列車の自由席に乗ることが可能。