グリーン料金

運賃・料金きっぷとルール

新幹線の「グリーン料金」についてご案内するページです。グリーン車に乗車の際は、グリーン料金が必要です。

PR

新幹線のグリーン料金とは

新幹線の「グリーン料金」は、グリーン車に乗るときにかかるお金です。新幹線に乗るときは、「運賃」と「特急料金」がかかりますが、「グリーン料金」はそれにプラスされる特別な料金です。

新幹線のグリーン車に乗るには、「運賃」と「新幹線特急券」「グリーン券」が必要です。

グリーン車

新幹線のグリーン料金

新幹線のグリーン料金は営業キロに比例します。価格は路線により多少異なります。

たとえば、東北・上越新幹線(JR東日本)の場合、100kmまでは1,050円ですが、東海道・山陽新幹線(JR東海・西日本)では100kmまで1,300円です。距離による区切りも会社によって異なります。

以下に、グリーン料金表を示します。なお、特急料金は別にかかります。

東海道・山陽新幹線のグリーン料金

東海道・山陽新幹線のグリーン料金
距離 グリーン料金 東京からの区間例
〜100km 1,300円 小田原
〜200km 2,800円 静岡
〜400km 4,190円 名古屋
〜600km 5,400円 新大阪
〜800km 6,600円 岡山
801km〜 7,790円 広島・博多

九州新幹線のグリーン料金

九州新幹線のグリーン料金料金
距離 グリーン料金 博多からの区間例
〜100km 1,050円 新大牟田
〜200km 2,100円 熊本
201km〜 3,150円 鹿児島中央

※山陽・九州新幹線を直通でグリーン車を利用する場合、山陽新幹線と九州新幹線で、それぞれ料金を算出し、単純に合算します。

PR

東北・上越・山形・秋田新幹線のグリーン料金

東北・上越・山形・秋田新幹線のグリーン料金
距離 グリーン料金 東京からの区間例
〜100km 1,050円 小山
〜200km 2,100円 那須塩原
〜300km 3,150円 福島
〜700km 4,180円 仙台・盛岡
701km〜 5,240円 新青森

北海道新幹線のグリーン料金

北海道新幹線のグリーン料金
距離 グリーン料金 新青森からの区間例
〜100km 1,300円 奥津軽いまべつ
〜200km 2,800円 新函館北斗

※東北・北海道新幹線を直通でグリーン車を利用する場合、東北新幹線と北海道新幹線で、それぞれ料金を算出し、単純に合算します。

北陸新幹線のグリーン料金

北陸新幹線のグリーン料金
距離 グリーン料金 東京からの区間例
〜100km 1,050円 本庄早稲田
〜200km 2,100円 上田
〜300km 3,150円 上越妙高

※北陸新幹線は上越妙高を境にJR東日本とJR西日本に分かれていますが、両社を直通する場合のグリーン料金は、それぞれの会社の区間の料金を算出し、合算します。ただし、長距離区間は最大1,050円の割り引きがあります。

PR

グリーン特急料金の計算方法

新幹線のグリーン車を利用する際の特急料金は、通常期の指定席特急料金の530円引きです。したがって、指定席特急料金とグリーン料金を足して530円を引いた金額が、グリーン特急料金となります。

すなわち、新幹線グリーン特急料金の総額は以下のように計算します。

指定席特急料金−530円+グリーン料金=新幹線グリーン特急料金

ただし、新幹線を乗り継いで東海道新幹線と九州新幹線を利用する場合は、530円引きではなく、1,060円引きになります。また、東北・山形・秋田新幹線を利用する場合の多くは910円引きになります。

繁忙期と閑散期

グリーン料金には「閑散期」「繁忙期」はありません。通年同額です。

PR

新幹線を乗り継ぐときのグリーン料金

新幹線は、改札口を出なければ、2つ以上の新幹線の列車を途中で乗り継いでもグリーン料金は新幹線の全乗車区間を通しで計算します。たとえば、東京〜名古屋を「ひかり」、名古屋〜岐阜羽島を「こだま」で乗り継いだ場合、グリーン料金は東京~岐阜羽島間の通しの価格になります。

しかし、例外もあります。以下の場合は、グリーン料金は乗り換え駅で打ち切りになり、通しの価格にはなりません。

  • 東京駅で乗り継ぐ場合
  • 大宮駅で上りの東北新幹線から下りの上越新幹線に、または上りの上越新幹線から下りの東北新幹線に乗り継ぎする場合
  • 高崎駅で上りの上越新幹線から下りの北陸新幹線に、または上りの北陸新幹線から下りの上越新幹線に乗り継ぐ場合
  • 博多駅で乗り継ぐ場合(直通列車で直通する場合も含む)
  • グリーン車とグランクラスを乗り継ぐ場合

グリーン車とグランクラスを乗り継ぐ場合は、全乗車区間に対するグリーン料金と、グランクラス利用区間に対する乗車列車のグランクラス料金からその区間のグリーン料金を差し引いた金額を合計します。

子供のグリーン料金

新幹線を子供(小学生)が利用する場合、グリーン料金はおとなと同額です。運賃や特急料金部分は半額です。未就学児(幼児・乳児)も小児と同様で、グリーン料金部分はおとなと同額です。

詳細については、「子供料金」の項目をご覧ください。