新幹線の車いす対応座席のご案内

列車のご案内車内設備

新幹線の車いす対応座席についてご案内するページです。全ての新幹線で、車いす対応座席が設けられています。

PR

新幹線の車いす対応座席

すべての新幹線列車には、車いす対応座席が設置されています。設置車両(号車)は路線や車両によって異なります。代表的な路線・車両では以下のようになっています。

車いす対応座席

画像:JR東日本

東海道・山陽新幹線N700A、N700S

東海道新幹線の全列車と、山陽新幹線の16両編成の列車(N700A、N700S)では、11号車に車いす対応座席があります。

山陽・九州新幹線N700系

山陽新幹線のN700系(8両編成)では、7号車に車いす対応座席があります。

東北・北海道新幹線E5/H5系

東北・北海道新幹線のE5/H5系(10両編成)では、5号車(普通車)と、9号車(グリーン車)に車いす対応座席があります。

上越新幹線E2系

上越新幹線のE2系(10両編成)では、10号車(普通車)と9号車(グリーン車)に車いす対応座席があります。

北陸・上越新幹線E7/W7系

北陸・上越新幹線のE7/W7系では、7号車(普通車)と、11号車(グリーン車)に車いす対応スペースがあります。

山形新幹線E3系

東北・山形新幹線のE3系(7両編成)では、12号車に車いす対応座席があります。

秋田新幹線E6系

東北・秋田新幹線のE6系(7両編成)では、12号車に車いす対応座席があります。

PR

車いす対応座席の予約方法

車いす対応座席を予約するには、JR駅の窓口で、車いす対応座席を希望の旨を伝えて指定席券を購入しましょう。

インターネット予約で車いす対応座席を購入する場合は、利用予定の新幹線の「車いす対応座席WEB申込みページ」から申し込みます。

利用日や希望列車など必要事項を入力して送信すると、申し込みをしたJR各駅から、申し込み結果の連絡があります。この場合も、最終的には駅で購入することになります。