トップ >> 予約と購入 >> インターネットサービス >> スマートEX

スマートEXの使い方

東海道・山陽新幹線のインターネット予約サービスが「スマートEX」です。JR東海とJR西日本が共同で運営しています。東海道・山陽新幹線の列車の指定席・自由席を予約できます。

スマートEXは会員制サービスですが、年会費などはかかりません。利用にはクレジットカードが必要です。また、交通系ICカード(Suica、TOICA、ICOCAなど)があれば、チケットレスサービスも利用できます。

ここでは、スマートEXの使い方やお得なきっぷについて、わかりやすく解説します。

広告

スマートEXのサービス概要

スマートEXで提供されているサービスは、以下の通りです。

  • パソコンやスマートフォンで東海道・山陽新幹線の指定席・自由席を購入可能。
  • スマートEX限定の割引きっぷを購入可能 。
  • 新幹線の好きな座席をシートマップで選ぶことが可能 。
  • 予約後、何度でも別の列車に変更可能 。
  • 交通系ICカードでのチケットレス乗車が可能 。

スマートEXの利用方法

スマートEXを利用する場合は、スマートEXのウェブサイトで会員登録します。会員登録には、支払い用のクレジットカードが必要です。また、交通系ICカードでチケットレス乗車をする場合は、そのICカード番号も登録します。

登録後、希望の列車を予約し、決済(支払い)します。交通系ICカードでのチケットレス乗車をする場合は、乗車当日、登録したICカードを新幹線改札口にかざして入場し、列車に乗車します。

チケットレス乗車をしない場合は、紙のきっぷをJR東海・JR西日本の駅窓口や指定席券売機で受け取ります。受け取りには決済で使用したクレジットカードが必要です。

利用できる交通系ICカード

kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCA

広告

スマートEXで購入できるきっぷ

スマートEXでは、主に「スマートEXサービス」という基本サービスのきっぷや、「EX早特」といった割引きっぷを購入できます。

スマートEXサービス

「スマートEXサービス」は、スマートEX会員専用のチケットです。交通系ICカードを使って、改札にタッチするだけで改札口を通過できます。指定席券売機などで紙のきっぷを受け取って乗車することも可能です。価格は、指定席の場合、JR正規運賃・料金より200円安く設定されています。自由席の場合は、JR正規運賃・料金と同額です。利用日当日でも購入でき、座席数に制限もありません。片道601km以上で往復利用の場合は「スマートEXサービス(往復割引)」もあります。

EX早特

スマートEXサービスの早特版が「EX早特」です。乗車の3日前(23:30)までに購入することで、割引価格になります。列車・区間・席数限定です。東海道・山陽新幹線の主要駅間で設定があります。

そのほか、「EX早特21」や「EXグリーン早特」「EXのぞみファミリー早特」などの割引きっぷも設定されています。

通常のきっぷ

スマートEXでは、通常のきっぷは購入できません。

スマートEXで購入したきっぷの変更

「スマートEX」で予約・購入したきっぷは、駅での受取前またはICカードで改札口を通過する前ならば、変更が何度でも無手数料で可能です。変更手続きはスマートEXのホームページ上で行います。

紙のきっぷ利用で、駅で受取後の変更は、JR東海・JR西日本の主な駅の窓口でその旨を伝えて、新たに必要なきっぷ(無割引の通常のきっぷ)を購入します。この場合、手持ちのきっぷは、手数料なしで払戻しできます。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com