トップ >> 予約と購入 >> 座席指定

新幹線で任意の座席を選ぶ

新幹線の予約時に、自分の好みの席を任意に指定することはできるのでしょうか。できるとしたら、どのようにすればいいのでしょうか。

この答えはいくつかありますが、基本的に、予約時に好みの席を指定することは可能です。飛行機のようなシートマップで席を選ぶこともできます。

ここでは、新幹線で好みの席を指定する方法をご案内します。

広告

新幹線の座席の種類

座席指定をする前に、新幹線の指定席にはどんな種類があるのか、確認しておきましょう。東京発着の新幹線の座席は、普通車指定席の場合、横2列+3列の、計5列です。A席が3列シートの窓側、B席が3列シートの中央、C席が3列シートの通路側、D席が2列シートの通路側、E席が2列シートの窓側です。

山陽・九州新幹線内のみを走る列車(みずほ、つばめ、さくら)は、普通車指定席でも横2列+2列の計4列です。その場合、A席とD席が窓側で、B席とC席が通路側です。

その他、荷物を自分の座席の後ろに置きたいなら最後列がいいでしょう。コンセントが必要なら、最前列か窓側です。ただし、最前列や窓側でも、コンセントのない車両がありますので、事前に確認してください。

より細かいシートマップは、JRのサイトで公開されています。また、市販の紙の時刻表でも確認することができます。

窓口で座席指定を依頼する

実際に好みの座席を依頼するときに、確実なのは、JRの駅の窓口で新幹線の指定券を買うときに、自分の座席の希望を係員に伝えることです。好みを伝えると、係員がそれに対応した席を探してくれて、空席があれば用意してくれます。シートマップが見たい場合は「座席表を見せてほしい」と伝えれば見せてくれます。

指定席券売機で座席を選ぶ

JR東海を除く指定席券売機(自動券売機)では、自社路線の新幹線について、シートマップから座席を指定することができます。JR東海の東海道新幹線については、自働券売機では、窓側か通路側しか選べません。

インターネットで座席を選ぶ

JR東海・JR西日本の「エクスプレス予約」やJR西日本・四国の「e5489」、JR東日本の「えきねっと」「モバイルSuica特急券」、JR九州の「インターネット列車予約」では、ウェブサイトや携帯電話で切符を予約できるサービスがあります。これらのサービスでも、シートマップを使って希望の席を選ぶことができます。

自由席で好きな席に座る

指定席で好きな席が予約できなかった場合は、自由席に乗りましょう。自由席なら、早めに並びさえすれば、自分の好みの席に座ることができます。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com