トップ >> 予約と購入 >> キャンセル待ち

新幹線の予約キャンセル待ちの方法

新幹線で満席になってしまった列車の指定席を、キャンセル待ちで確保する方法はあるのでしょうか。あるいは、当日、駅に行けばキャンセル待ちデスクがあったりするのでしょうか。

結論だけ言ってしまうと、JRではキャンセル待ちの予約システムはありません。したがって、キャンセル待ちをJRに伝えておくことはできませんし、当日、駅に行ってもキャンセル待ちデスクはありませんし、窓口で受け付けてもくれません。

しかし、キャンセル待ちをする方法はあります。少し手間はかかりますが、その方法をご説明しましょう。

広告

駅でキャンセルを確認する

新幹線の指定席の予約がキャンセルされたかどうかを確認するには、駅に行くのが基本的な方法です。駅に指定席券売機があれば、乗りたい列車を検索して空席が出てないか探します。あるいは、窓口に行って係員に尋ねてみるのもいいでしょう。

インターネットで確認する

インターネットのJRサイバーステーションを使えば、指定席の空席状況がわかります。検索してみて、空席が見つかれば、キャンセルが出たということです。

サイバーステーションでは予約はできませんが、JR東日本やJR北海道なら「えきねっと」で予約できますし、JR西日本なら「e5489」で予約できます。

JR東海は、有料会員以外はインターネット予約ができませんので、駅にすぐ行って購入しましょう。なお、東海道新幹線のチケットは、「えきねっと」や「e5489」で買うこともできます。

空席が出やすいタイミングは?

指定席の空席が出やすいタイミングは、2週間前と2日前です。2週間前は、旅行会社が団体用に確保している座席のうち、売れ残ったものをJRに返却するからです。

また、2日前は、JRの指定券のキャンセル料が高くなる日だからです。JRの指定券をキャンセルするには、手数料がかかるのですが、その手数料が出発日前日になると高くなるため、2日前までにキャンセルされることが多いのです。

ですから、これらのタイミングを狙って、駅窓口に行ってみると、キャンセルを確保しやすくなります。当日、乗れなくなった客が突然キャンセルすることもありますが、当日は予約希望者も多いので、タイミングが合いづらいともいえます。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com