トップ >> 予約と購入 >> 新幹線の乗り方

新幹線の利用方法

新幹線の利用方法(乗り方)についてご説明するページです。

新幹線に乗るには、駅に行き、きっぷ(チケット)を買って、改札口を抜けて、ホームに上がり、列車に乗る、という手順です。降りるときは、駅に着いたら、改札口を抜けるだけです。

ここでは、新幹線の利用方法をわかりやすく解説します。

広告

1 駅できっぷを購入する

新幹線に乗るには、「きっぷ」が必要です。きっぷとは新幹線のチケットのことです。

きっぷには、「乗車券」と「特急券」の2種類があり、その両方が必要です。ただ、詳しいことは分からなくても大丈夫です。駅の窓口に行き、「新幹線のきっぷが欲しい」と伝えれば、駅員さんが必要なきっぷを売ってくれます。

きっぷの購入時には、「どこからどこまで乗るか(乗車区間)」「いつ、何時頃乗るか(乗車日時)」「指定席か自由席か」を決めて、駅員さんに伝えましょう。「指定席か自由席か」はどちらでもいいのですが、初めて乗るなら指定席をおすすめします。

駅できっぷを購入するのは、乗車当日でも構いません。ただ、当日だと慌てることもありますし、希望の時刻に指定席が取れなかったりすることもあるので、前日までに駅に行って、きっぷを買っておいたほうがいいでしょう。

2 乗車当日、駅に行く

乗車当日は、乗車予定の列車の発車時刻より、早めに駅に着いておきましょう。5分前に駅に着いていても間に合いますが、余裕を持って30分くらい前に着いておくと慌てません。

駅では、きっぷを自動改札機に通します。きっぷが2枚に分かれている場合は、重ねて投入します。きっぷは全て自動改札口から出てきますので、それを取って、目的地に着くまで大切に保管しておきます。

広告

3  列車に乗る

改札口を抜けたら、案内板を見て、乗車予定の列車の出発ホームを確認します。そのホームに上がり、列車が来たら乗車します。指定席の場合は、指定された車両の指定された座席に座ります。

4 車内では

車内では、車掌から「きっぷを拝見」といわれることがあります。その場合は、持っているきっぷを車掌に見せてください。それ以外は、車内ですることはありません。到着まで座っていましょう。

5 目的地で降りる

列車が目的地の駅に到着したら、ホームに降ります。新幹線の停車時間は短いので、到着したらすぐに降りましょう。ホームに降りたら人の流れに沿って改札口を出ます。

このとき、さらに別のJR線に乗り換える場合は「乗り換え改札口」を利用しましょう。その駅が最終目的地の場合は、「新幹線出口」という改札口を出ると、外に出られます。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com