「新幹線名古屋往復きっぷ」の購入・利用方法

種類別お得なきっぷお得なきっぷ往復割引きっぷ

「新幹線名古屋往復きっぷ」は、豊橋または新城・本長篠ゾーンからへ名古屋市内へ新幹線自由席で往復できるきっぷです。

PR

新幹線名古屋往復きっぷとは

「新幹線名古屋往復きっぷ」は、豊橋ゾーン(豊橋~豊川・二川間)または新城ゾーン(三河一宮~本長篠)から名古屋市内へ新幹線自由席で往復できるきっぷです。

豊橋、新城から名古屋へ方面へ日帰り旅行する場合にとてもお得なきっぷです。

「ひかり号」と「こだま号」の自由席が利用できます。原則として利用日の当日に限り発売します。有効期間は発売当日限りで、その日のうちに目的地まで往復して帰ってこなければなりません。

「新幹線名古屋往復きっぷ」は、JRの駅窓口などで販売されています。

名古駅駅

新幹線名古屋往復きっぷの値段

「新幹線名古屋往復きっぷ」の値段(往復)は以下の通りです。区間・列車・設備・席数などの制限はありません。

■平日価格
豊橋ゾーン(豊橋~豊川・二川)→名古屋市内 大人2,940円 小児1,460円
新城ゾーン(三河一宮~本長篠)→名古屋市内 大人3,040円 小児1,520円

■土休日価格
豊橋ゾーン(豊橋~豊川・二川)→名古屋市内 大人2,360円 小児1,180円
新城ゾーン(三河一宮~本長篠)→名古屋市内 大人2,480円 小児1,240円

学割はありません。他の割引と重複して利用することはできません。

PR

新幹線名古屋往復きっぷの発売・利用期間

利用期間は通年です。発売期間は原則として利用当日だけですが、翌朝の駅営業時間外に乗車する場合に限り、前日にも発売します。各ゾーン内の窓口のあるJR駅で発売します。豊橋ゾーン発は、ジェイアール東海ツアーズ豊橋支店でも発売します。

新幹線名古屋往復きっぷの有効期間

有効期間は当日限りです。当日中に豊橋や新城などから名古屋市内へ往復して戻ってこなければなりません。

新幹線名古屋往復きっぷの使い方

「新幹線名古屋往復きっぷ」は、出発日の当日にゾーン内のJR駅窓口またはJR東海ツアーズで購入します。翌日の早朝営業時間外に出発する場合に限り、前日にも購入できます。

「新幹線名古屋往復きっぷ」は、「ゆき」券、「かえり」券をセットで発売します。

乗車時は、「ゆき」または「かえり」券を自動改札機に通して改札を抜け、在来線または新幹線に乗車します。新幹線は「ひかり号」または「こだま号」の自由席を利用できます。

名古屋では、名古屋駅や金山駅など、名古屋市内の駅ならどこでも利用できます。名古屋~春田、名古屋~新守山、名古屋~大高が乗下車可能な駅です。ただし、途中下車した場合は前途無効になります。

「新幹線名古屋往復きっぷ」は、乗り越し利用はできません。乗り越しする場合は、乗り越し開始の駅でいったん改札口を出る必要があります。

たとえば、「新幹線名古屋往復きっぷ」の豊橋発で名古屋まで行き、帰路に浜松まで乗り越す場合は、豊橋駅で下車し、このきっぷの利用を終了し、新たに別のきっぷで豊橋~浜松間を乗車しなければなりません。

新幹線でそのまま名古屋~浜松間を乗り通した場合、全線の普通運賃・料金を請求されます。このとき、「新幹線名古屋往復きっぷ」は払い戻しとなります。

PR

新幹線名古屋往復きっぷの変更・払戻方法

「新幹線名古屋往復きっぷ」は、購入後の変更はできません。

払い戻しについては、未使用で有効期間開始日前または有効期間内に限り、手数料を差し引いた額が払い戻し対象になります。

払戻手数料は旅行開始前が660円です。旅行開始後に「かえり」券のみ払い戻す場合は、発売額-「ゆき」の無割引の運賃・自由席特急料金-440円が返金されます。無割引で「ゆき」を旅行したとしたとみなし、さらに「かえり」券の払戻手数料が440円として考えます。

普通のきっぷに比べてとくに払戻手数料が高いわけではありません。

新幹線名古屋往復きっぷで乗り遅れた場合

「新幹線名古屋往復きっぷ」自由席用のきっぷなので、乗車予定列車に乗り遅れた場合は、後続列車の自由席に乗れます。