「首都圏週末フリー乗車券」の価格と使い方

フリーきっぷお得なきっぷ

「首都圏週末フリー乗車券」は、JR東日本の各エリアから東京までの往復乗車券と、東京エリアでのJR線フリーきっぷがセットになったきっぷです。

PR

首都圏週末フリー乗車券とは

首都圏往復フリー乗車券は、JR東日本の各エリアから東京までの往復乗車券と、東京エリアでのJR線フリーきっぷがセットになったきっぷです。東京エリアでは、東京駅を中心に、大宮、取手、蘇我、大船、久里浜、高尾、奥多摩などまで自由に乗り降りできます。

JR東日本の新幹線にも乗ることができますが、新幹線特急券は別に買わないといけません。また、東海道新幹線は一切利用できません。

有効期間は土休日の2日間、値段は出発地によって異なりますが、普通乗車券で東京へ往復する価格よりも安く購入できます。発売期限は利用日の前日までです。利用日当日は購入できません。また、ゴールデンウィークとお盆の期間は、土日であっても利用できません

発売は発売エリアのJR東日本の駅窓口です。券売機でも購入することができます。

首都圏週末フリー乗車券の東京フリーエリア

画像:JR東日本

首都圏週末フリー乗車券の値段

首都圏週末フリー乗車券の値段は以下の通りです。( )は子供の価格です。

  • 秋田・能代エリア発 13,930円(6,960円)
  • 大曲~湯沢発 13,400円(6,700円)
  • 弘前・青森エリア発 14,980円(7,490円)
  • 八戸エリア発 14,450円(7,220円)
  • 盛岡発 12,880円(6,440円)
  • 新花巻・北上発 12,360円(6,180円)
  • 一ノ関発 11,320円(5,660円)
  • 福島発 7,650円(2,250円)
  • 郡山発 6,390円(1,930円)
  • 会津エリア発 6,600円(2,460円)
  • 長岡発 8,380円(2,250円)
  • 越後湯沢発 6,180円(1,520円)
  • 長野発 6,600円(1,930円)
  • 上田発 5,760円(1,620円)
  • 軽井沢発 4,600円(1,200円)

※主要出発地のみ掲載。上記以外にも出発地はあります。仙台発、新潟発はありません。

PR

首都圏週末フリー乗車券の使い方

首都圏週末フリー乗車券は、連続する土休日のみ利用できる往復+フリーきっぷです。きっぷの有効期間開始日の前日までに、JRの駅の窓口で購入します。土日有効のきっぷの場合は金曜日までに購入します。祝日絡みで日月有効のきっぷなら土曜日までに購入します。

首都圏週末フリー乗車券は「ゆき」券と「かえり」券がセットになっています。「かえり」券が東京フリーエリアの乗車券も兼ねています。

新幹線を利用する場合は、新幹線特急券が別に必要です。新幹線特急券は当日購入しても構いません。

当日の使い方は、購入した首都圏週末フリー乗車券の「ゆき」券を自動改札機に通します。新幹線に乗車する場合は、「ゆき」券と新幹線特急券を同時に改札機に通します。東京フリーエリアに到着したときに、「ゆき」券(と新幹線特急券)は回収されます。

東京フリーエリアに入ってからは、「かえり」券でエリア内を乗り降りできます。帰りの新幹線に乗るときは、「かえり」券と新幹線特急券を自動改札機に通します。降車駅に帰り着いたら、きっぷは全て回収されます。

首都圏週末フリー乗車券では、フリーエリア以外で途中下車はできません。

PR

首都圏週末フリー乗車券の変更・払戻方法

首都圏週末フリー乗車券は、有効期間開始日を変更することができます。有効期間内で未使用の場合に限り、変更を希望する有効期間開始日の前日まで、1回に限り変更できます。

首都圏週末フリー乗車券の払戻しは有効期間内で「かえり」券が未使用の場合に限り、発売箇所で行います。「ゆき」券「かえり」券とも使用開始前であれば220円の手数料で払い戻せます。「ゆき」券使用開始後の払戻手数料については、窓口にお問い合わせください。