「eチケット早特1」の予約・購入・利用方法

種類別お得なきっぷe5489お得なきっぷ

「eチケット早特1」は、北陸新幹線の早割タイプの格安チケットです。列車・区間・席数は限定です。

PR

eチケット早特1とは

「eチケット早特1」は、JR西日本のインターネット予約サイト「e5489」で販売している早割タイプの格安チケットです。出発日の前日まで購入できます。

北陸エリア~首都圏エリアで、北陸新幹線の普通車指定席が利用できます。割引率は約10%です。

北陸新幹線の割引きっぷとしては、JR東日本の「トクだ値」もあります。「eチケット早特1」は、そのJR西日本版と考えてもいいでしょう。

eチケット早特1はインターネット専用のチケットです。購入するには、JR西日本の「J-WESTネット会員」になる必要があります。無料で会員登録できます。

会員登録後、JR西日本のインターネット予約サイト「e5489」で購入できます。

「e5489」のご案内
「e5489」では山陽・九州新幹線や北陸新幹線を主に予約できます。

eチケット早特1は、片道の「乗車券+指定席特急券」がセットになっている商品です。

購入できるのは利用開始日の1ヶ月前午前10時から乗車日前日までです。列車・区間・座席数は限定です。

E7系

eチケット早特1の値段

eチケット早特1の主要区間の値段(片道)は以下の通りです。子供料金はおとなの約半額です。学割はありません。

「eチケット早特1」普通車指定席の価格
区間 価格(円)
金沢~東京 12,760
新高岡~東京 12,260
富山~東京 11,480
上越妙高~東京 8,310
金沢~長野 8,020
富山~長野 6,330

※他にも設定区間があります。

PR

eチケット早特1の使い方

「eチケット早特1」は専用の片道乗車券と特急券がセットになっています。出発日の1ヶ月前から前日までにインターネットの「e5489」で予約・購入します。

予約・購入したeチケット早特1は、新幹線eチケットのサービスを利用してチケットレス乗車ができます。チケットレス乗車をする場合は交通系ICカード(ICOCAなど)を登録します。

駅の窓口や券売機で「紙のきっぷ」を受け取り、新幹線に乗車することもできます。紙のきっぷを受け取った場合は、通常のきっぷと同様に自動改札機に通して改札を抜け新幹線に乗車できます。

紙のきっぷを受け取る際には、決済時に使用したクレジットカードを提示します。自動券売機で受け取る場合は、クレジットカードを挿入し、予約番号、電話番号を入力します。

「eチケット早特1」は、指定された列車・座席以外の席には座れません。自由席に乗ることもできません。また、新幹線駅区間のみ有効です。新宿駅や渋谷駅など、在来線駅まで利用する場合、在来線区間の運賃が別途必要です。

eチケット早特1の途中下車・途中乗車

「eチケット早特1」では、途中下車した場合は前途無効、途中乗車した場合はその駅までの区間は無効となり、返金しません。

区間外に乗り越す場合や、区間外から乗車する場合は区間外の乗車区間の精算が必要です。

PR

eチケット早特1で乗り遅れた場合

「eチケット早特1」は予約した列車のみ有効です。予約した列車に乗り遅れた場合、チケットは無効となります。

通常価格の特急券の場合、指定列車に乗り遅れても後続列車の自由席が利用できますが、「eチケット早特1」には適用されません。後続列車の自由席を利用する場合、自由席特急料金が追加で必要です。ご注意ください。乗りくれた場合、特急券は無効になりますが、当日中なら乗車券(運賃)部分は有効です。

乗り遅れた場合、未使用で有効期間内(当日は有効期間)ならば、駅の窓口などで手続きすれば運賃相当額が戻ります。乗り遅れた場合は、すぐに駅窓口でおたずねください。

eチケット早特1の変更・払戻方法

「eチケット早特1」は、予約後、きっぷの受け取り前ならば出発時刻まで変更ができます。変更は「e5489」での手続きに限ります。きっぷの受け取り後の変更は一切できません。乗車列車を変更したい場合、いったん払い戻して買い直すことになります。

きっぷの受け取り後、変更のために新たなきっぷを窓口で買い直した場合、その場で払い戻せば、払い戻し手数料は不要です。

それ以外の払い戻しについては、未使用で有効期間開始日前または有効期間内に限り、手数料を差し引いた額が払い戻し対象になります。

きっぷ受け取り後の払戻手数料は、列車出発2日前までが560円です。列車出発前日から出発時刻までは、片道乗車券220円と特急券30%(最低340円)の払戻手数料がかかります。

列車出発時刻後(乗り遅れ)は、当日中なら乗車券部分のみ払い戻しが受けられます。220円(きっぷの有効期間内に限る)の手数料がかかります。特急券部分は払いもどしがありません。

普通のきっぷに比べてとくに払戻手数料が高いわけではありません。

eチケット早特1の払い戻しは、きっぷの受け取り前は購入した予約サイトで手続きすれば払い戻しできます。受け取り後は、JR西日本の主な駅の窓口で手続きできます。