トップ >> 予約と購入 >> インターネットサービス >> モバイルSuica特急券

モバイルSuica特急券のご案内

「モバイルSuica特急券」は、JR東日本のチケットレス新幹線乗車券、特急券です。「モバトク」と「スーパーモバトク」の2種類のチケットがあり、いずれも携帯電話やスマートフォンの「モバイルSuica」を利用します。携帯、スマホを持っていない人は、モバイルSuicaを利用できません。

モバイルSuica特急券が利用できるのは、JR東日本が運営する新幹線です。路線名でいうと、東北、山形、秋田、上越、北陸の各新幹線です。

モバイルSuica特急券は、チケットレスで利用でき便利ですし、駅の窓口で売っている紙のきっぷに比べて値段が安くなっています。ここでは、モバイルSuica特急券の概要と使い方をご案内します。


広告

モバイルSuica特急券を使うには

モバイルSuica特急券を利用するには、JR東日本の「モバイルSuica」に会員登録する必要があります。モバイルSuicaの会員になるにはクレジットカードと、モバイルSuicaに対応する携帯電話かスマートフォンを持っている必要があります。スマホの場合は、専用アプリをダウンロードして利用します。

また、クレジットカードを登録しない「EASYモバイルSuica」では、モバイルSuica特急券は利用できません。

クレジットカードはどこの会社でもいいのですが、「ビューカード」以外の場合、年会費が1,030円必要です。ビューカードを持っている人は、モバイルSuicaの年会費は「当面の間無料」です。

モバイルSuica特急券は、JR東日本の新幹線しか乗れませんが、「エクスプレス予約特約」(1,080円)に入会すれば、モバイルSuicaでJR東海の「エクスプレス予約」を利用できます。この「エクスプレス特約付きのモバイルSuica」があれば、九州新幹線以外の全ての新幹線をチケットレスで乗車することができます。

モバイルSuica特急券の概要

モバイルSuica特急券はチケットレスシステムの特急券です。チケット情報を携帯情報端末にダウンロードして、自動改札機に端末をタッチすることで新幹線に乗車できます。

JR東日本にはオンライン予約サービスとして「えきねっと」がありますが、 モバイルSuicaと「えきねっと」は連動しておらず、無関係のシステムです。「えきねっとトクだ値」と「モバイルSuica特急券」も別もので、料金体系も異なります。

モバイルSuica特急券で予約した乗車券は携帯端末上でのみ有効で、紙のきっぷとして受け取ることはできません。

モバイルSuica特急券の価格

モバイルSuica特急券は、運賃と特急券がセットになっていて、通常の運賃・料金とは違う価格体系となっています。。閑散期・繁忙期での料金変動はありません。また、自由席特急料金と指定席特急料金は同額です。

モバイルSuica特急券を買うときは、自分の携帯電話やスマートフォンでオンライン購入します。座席の指定もシートマップを見ながら好きな座席を選べます。

広告

モバイルSuica特急券の種類

モバイルSuica特急券には、「モバトク」「スーパーモバトク」の2つのチケットがあります。いずれも従来のきっぷよりも料金は安く設定されています。

モバトク

「モバトク」は、モバイルSuica特急券の基本的なチケットで、乗車日の1ヶ月前から列車出発6分前まで、いつでも購入することができます。指定席も自由席も購入でき、指定席に販売座席数の制限はありません(空席がある限り指定席を変えます)。価格は新幹線回数券の1回あたり価格よりもやや安いので、金券ショップで回数券のばら売りを買うよりも少しだけ安いです。

指定席の場合、発車前なら列車の変更は自由で、キャンセルによる払い戻しは310円の手数料で可能です。

モバトクについてもっと詳しく  
→「モバトクのご案内

スーパーモバトク

「スーパーモバトク」は、モバトクの早割版です。といっても、前日までに購入すればいいので、それほど早く購入しなくても大丈夫です。ただし、設定列車や区間、販売座席数は限定されてますので、モバトクでは空席があっても、スーパーモバトクでは空席がない、ということもあります。

設定区間は、「東京、上野、大宮」の各駅から、「宇都宮、仙台、山形、大曲、秋田、高崎、ガーラ湯沢、新潟、富山、新高岡、金沢」の各駅との間です。東京と主要都市の間のみに設定されている割引チケットです。割引額は、モバイルSuica特急券に比べておおむね600円〜1000円程度となっています。秋田へは航空機との競争が激しいからか、2000円弱の割引となっています。

スーパーモバトクは、出発の前日まで購入が可能です。 ただしスーパーモバトクの販売枠は全体の座席の中の一部です。そのため、乗りたい列車に空席があるからといって、スーパーモバトクに空席があるとは限りません。また、仙台まで行く場合でも「はやぶさ」が利用できないなど、利用できる列車には制限があります。

さらに、スーパーモバトクで購入したきっぷは変更が一切できません。そのため、都合が悪くなった場合は、払い戻すしかないのですが、その払戻手数料も普通のきっぷに比べて高額です。

スーパーモバトクについてもっと詳しく  
→「スーパーモバトクのご案内



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com