トップ >> お得なきっぷ >> 指定席往復きっぷ>> 新幹線往復割引きっぷ

新幹線往復割引きっぷの基礎知識と使い方

新幹線往復割引きっぷは、福岡市内や北九州市内と、熊本、鹿児島、佐賀、長崎、佐世保、大分、宮崎など九州各地を、山陽・九州新幹線と在来線特急の普通車で往復できる割引きっぷです。新幹線は普通車自由席、在来線特急は普通車指定席が利用できます。

ここでは、新幹線往復割引きっぷの買い方、使い方をわかりやすく説明しましょう。

広告

新幹線往復割引きっぷとは?

新幹線往復割引きっぷは、山陽新幹線の「のぞみ号」「みずほ号」「さくら号」などと、在来線特急「かもめ」「みどり」「ソニック」などの普通車が利用できる往復タイプの割引きっぷです。通年販売しており、利用禁止時期はありません。きっぷ購入後でも、利用日や列車の変更は1回に限り可能です。有効期間は7日間です。7日以内に往復しなければなりません。

新幹線往復割引きっぷには、子供料金の設定はありません。学割もありません。そのほか、他の割引との併用はできません。

新幹線往復割引きっぷの値段

新幹線往復割引きっぷの値段(往復)は以下の通りです。区間・列車・設備・席数などの制限はありません。

■新幹線往復割引きっぷ

北九州市内~熊本 11,520円
北九州市内~鹿児島中央 13,050円
北九州市内~佐賀 6,280円
北九州市内~長崎 10,480円
北九州市内~佐世保 8,900円
福岡市内~別府・大分 10,210円
福岡市内~宮崎・都城 14,290円

※設定区間のどちらの駅からでも往復利用できます。片道2回の利用はできません。
※乗車経路は、「北九州~熊本、鹿児島」が山陽・九州新幹線。「北九州~佐賀、長崎、佐世保」が山陽新幹線と在来線特急「かもめ」「みどり」など。「福岡~別府、大分、宮崎、都城」が山陽新幹線と在来線特急「ソニック」「にちりん」などです。宮崎、都城発着で鹿児島中央経由はできません。

広告

新幹線往復割引きっぷの使い方

新幹線往復割引きっぷは、出発日の当日までに、JRの駅窓口で購入します。インターネット発売はありません。。

新幹線往復割引きっぷは、「ゆき」券、「かえり」券をセットで発売します。在来線特急のみ指定席が利用できます。購入時に指定席の座席指定を受けても構いませんし、受けないで自由席に乗ることもできます。

新幹線往復割引きっぷは、福岡市内や北九州市内で、在来線駅の利用もできます。小倉駅で鹿児島線に乗り換えて、門司港駅などで降りることも可能です。

乗車時は在来線の駅で「ゆき」または「かえり」券を改札に通し、新幹線の乗換駅で新幹線の自動改札機に「ゆき」または「かえり」券を通します。在来線各駅で降りる場合はその逆で、新幹線の降車駅で「在来線乗換口」を通り、在来線の駅で「ゆき」または「かえり」券は回収されます。

新幹線往復割引きっぷの変更・払戻方法

新幹線往復割引きっぷの指定席券は、購入して列車の指定を受けたあとも、変更することができます。変更は1回限りです。有効開始日の変更も列車の変更も1回限りなら可能です。

払い戻しについては、未使用で有効期間開始日前または有効期間内に限り、手数料を差し引いた額が払い戻し対象になります。

払戻手数料は列車出発2日前までが900円です。列車出発前日から出発時刻までは、片道乗車券220円と特急券が1枚につき発売額の30%(最低680円)の払戻手数料がかかります。帰りの出発日が2日前まで以前なら、帰りの特急券部分は340円ですみます。

列車出発時刻後は、乗車券部分として片道乗車券220円(きっぷの有効期間内に限る)のキャンセル料がかかります。特急券部分は払いもどしがありません。ただし、当日に限り、指定席に乗り遅れても、後続列車の自由席に乗車できます。

普通のきっぷに比べてとくに払戻手数料が高いわけではありません。

新幹線往復割引きっぷで乗り遅れた場合

新幹線往復割引きっぷで座席指定した列車に乗り遅れた場合は、当日に限り、後続列車の自由席に乗れます。翌日以降は、きっぷの有効期間内なら、運賃部分のみ有効です。特急料金を払えば乗ることができます。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com