トップ >> お得なきっぷ >> 新幹線回数券 >> 回数券リスト >> こまち4枚回数券

こまち4枚回数券の基礎知識と使い方

秋田新幹線で利用できる「こまち4枚」は東京・仙台~秋田エリアに設定されている4枚綴りの回数券です。「こまち号」が利用できます。

こまち4枚回数券は、JRの駅窓口などで販売されています。利用当日まで購入できます。割引率は区間によって異なりますが、おおむね5〜10%程度です。

ここでは、秋田新幹線のこまち4枚回数券の買い方、使い方をわかりやすく説明しましょう。

広告

こまち4枚回数券とは?

秋田新幹線のこまち4枚回数券は、「こまち号」の指定席が利用できる回数券タイプの割引きっぷです。購入日から3ヶ月間利用できます。

こまち4枚回数券には、子供料金の設定はありません。おとな1枚でこども2人が利用することもできません。

学割はありません。そのほか、他の割引との併用はできません。

注意点として、4月27日〜5月6日、8月11日〜20日、12月28日〜翌年1月6日は利用できません。

こまち4枚回数券の料金

秋田新幹線のこまち4枚回数券の料金は以下の通りです。区間・列車・設備・席数などの制限はありません。( )内は1枚あたりの価格です。

  • 東京都区内~男鹿・八郎潟~秋田~羽後本荘・湯沢 58,080円(14,520円)
  • 仙台市内~男鹿・八郎潟~秋田~羽後本荘・湯沢 35,880円(8,970円)

※きっぷは双方向で使えます。

広告

こまち4枚回数券の使い方

こまち4枚回数券は、購入後3ヶ月間が有効期限です。そのため、購入日から最後の利用日までが3ヶ月以内に入るような使い方をします。出発地周辺の駅窓口で購入します。

こまち4枚回数券は、双方向で使える回数券が4枚セットになっています。1枚ずつどちらの方向でも使うことができます。指定席回数券ですので、利用前に座席指定を受けてから乗車します。「こまち号」に自由席はありません。座席指定を受けるには、回数券を持って駅の窓口に行くか、主要駅にある座席指定のできる券売機を利用します。

東京発着のこまち4枚回数券は、新幹線各駅のほか、都区内の在来線駅も利用できます。仙台発着の場合は、仙台市内の在来線駅も利用できます。秋田エリアでは、男鹿・八郎潟~羽後本荘・湯沢間の各駅が利用できます。たとえば、新宿駅でJR中央線に乗り、東京駅で新幹線に乗り換えて、秋田駅で降り羽越本線に乗り換えて、羽後本荘駅で降りる、ということも可能です。ただし、秋田~羽後本荘間などでは普通・快速列車のみ利用できます。特急に乗る場合は、別途特急料金が必要です。

乗車時は、チケット(券片)を自動改札機に通して改札を抜け、新幹線に乗車します。

在来線の各駅から利用する場合は、在来線の駅でチケットを改札に通し、新幹線の乗換駅で新幹線の自動改札機にチケットを通します。在来線各駅で降りる場合はその逆で、新幹線の降車駅で「在来線乗換口」を通り、在来線の下車駅でチケットは回収されます。

こまち4枚回数券の変更方法

こまち4枚回数券では、利用予定の列車に乗車する前なら、乗車列車の変更ができます。乗車列車の変更は指定列車出発時刻前ならば何度でも可能です。それ以外の区間の変更などはできません。

変更をする場合は、座席指定された回数券を持って窓口に行きます。窓口で、次に利用したい列車を告げると変更ができます。

こまち4枚回数券の払戻方法

指定席回数券の払い戻しについては、全券片が未使用で、有効期間内に限り、手数料を差し引いた額が払い戻し対象になります。

払戻手数料は、1冊あたり220円です。払い戻しは発売箇所で取り扱います。普通のきっぷに比べてとくに払戻手数料が高いわけではありません。

こまち4枚回数券の乗り遅れ

乗る予定の列車に乗り遅れた場合は、当日に限り後続列車に立席で乗車できます。その際、とくに手続きは必要ありません。改札口を通り、後続列車を立席利用してください。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com