トップ >> 列車と停車駅 >> 座席とサービス

新幹線列車の座席の種類とサービス

新幹線にはグランクラスからグリーン車、指定席、自由席まで、さまざまな座席の種類があります。また、車内設備や車内サービスも多様です。

ここでは、新幹線列車の座席の種類とサービスをご案内します。

広告

座席の種類

新幹線の座席の種類は、大きくわけて4つあります。お値段の高い方から、グランクラス、グリーン車、指定席、自由席です。

これらの座席が全ての列車に揃っているわけではありません。グランクラスやグリーン車のない車両もありますし、自由席のない列車もあります。

また、立席という特殊な扱いもあります。これは指定席車両を立って利用していい、という制度で、立席という車両があるわけではありません。

座席について詳しくはこちら→「新幹線の座席

車内設備

新幹線にはゆったりしたシートが設置されています。また、荷物棚が全ての車両にあり、一部の車両には荷物置き場が別に設置されています。

荷物置き場について詳しくはこちら→「新幹線の荷物置き場と荷物棚

最近は、コンセントの設置されている座席も増えていますし、Wi-Fiに対応している車両もあります。

コンセントについて詳しくはこちら→「新幹線のコンセント
Wi-Fiについて詳しくはこちら→「新幹線のWi-Fiサービス

アテンダントサービス

一部の上級車両には、アテンダントによるサービスがあります。

JR東日本が「グランクラスアテンダント」と「グリーンアテンダント」、JR東海・JR西日本が「パーサー」、JR九州が「旅のコンシェルジュ」です。主にグリーン車などの上級車両でサービスをしています。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com