トップ >> 料金 >> 新幹線定期券

新幹線定期券

新幹線にも定期券があります。JR東日本・JR東海・JR西日本では、新幹線用の通勤定期乗車券を「FREX(フレックス)」、通学定期乗車券を「FREX(フレックス)パル」といいます。JR九州では、「新幹線エクセルパス」(通勤用・通学用)といいます。いずれも新幹線定期券です。

ここでは、新幹線定期券について、値段・料金や基本的なルールについて説明しましょう。

定期券料金表はこちら
 →新幹線通勤定期券料金表
 →新幹線通学定期券料金表

広告

新幹線定期券とは?

新幹線定期券とは、新幹線普通車自由席に乗車できる定期券のことです。設定区間は限られていて、全ての区間で新幹線定期を購入できるわけではありません。おおむね200km以内の区間のみの設定です。一部には300kmくらいまでの区間で設定されています。

鉄道会社をまたぐ区間では、東海道新幹線と山陽新幹線(JR東海とJR西日本)では、新幹線定期券が発売されていますが、それ以外の区間では鉄道会社をまたぐ新幹線定期はありません。

定期券の使い方は簡単です。設定されている区間の定期券を買えば、記名人はその区間の新幹線自由席に好きなだけ乗ることができます。指定席やグリーン車には原則として乗車できません。

新幹線定期券の学割は?

新幹線定期券には「学割」という制度はありませんが、「FREXパル」という学生向けの定期券があります。通勤向けの新幹線定期よりも、通学向けの新幹線定期は、割引率が高くなっています。JR九州では、「新幹線エクセルパス」(通学用)という名称です。

新幹線定期券で在来線に乗れる?

新幹線定期券があれば、並行するJRの在来線に乗ることが可能です。たとえば、東京から小田原の新幹線定期券では、東海道新幹線にも東海道線にも乗れます。途中の横浜で途中下車することも可能です。そのため、たとえば小田原〜品川の定期券で、大森の会社に品川経由で通うこともできます。

また、新幹線と在来線を組み合わせる定期券も作れます。たとえば浦和から東京まで在来線、東京から新横浜まで新幹線、新横浜から鴨居まで在来線、といった定期券を作ることも可能です。

広告

新幹線定期券で指定席に座れる?

新幹線定期券で乗車できるのは普通車自由席だけです。指定席やグリーン車には原則として乗車できません。指定席に座る場合、定期券は無効で、別途乗車券と特急券を買わなければならなくなります。

ただし、例外もあります。たとえば、自由席が満席のときに、車掌に申し出て空席のある指定席に座ることができる場合もあります。この場合、別途指定席料金(数百円)に相当する金額を支払います。同様にして、「グリーン車」にも座ることができます。

東海道新幹線では、グリーン車に座れる10枚綴りにした回数券も販売されています。それが「フレックス用こだま号グリーン回数券」です。新幹線定期乗車券使用者を対象としたグリーン車利用のための料金回数券です。この回数券を使えば、「こだま」号のグリーン車の空席に座ることができます。その席のグリーン指定席券をもった他の客が来た場合は、別の席に移動しなければなりません。

また、東海道新幹線では朝8時台の「のぞみ」「ひかり」では、新横浜〜東京間で普通車指定席の空席を自由席扱いとする特例措置をとっています。この時間帯のこの区間では、指定席も自由席同様に座れます。

JR東日本以外では、新幹線のIC定期券はありません。

新幹線のICカード定期

ICカードを利用した新幹線定期券もあります。JR東日本の「Suica FREX定期券」と、「Suica FREXパル定期券」です。というIC定期券を販売しています。設定区間は、「東京〜那須塩原・上毛高原・安中榛名」、「郡山〜仙台」、「長岡〜新潟」です。

定期券料金表はこちら
 →新幹線通勤定期券料金表
 →新幹線通学定期券料金表



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com