トップ >> 料金 >> 学生割引

新幹線の学生割引

学生割引(学割)は、JRから指定を受けた学校の生徒を対象に、JRの運賃が2割引になるという制度です。普通の中学、高校、大学は学割の対象になります。専門学校も多くは学割の対象になります。

学割が利用できるのは、片道101km以上、JR線を利用する場合です。新幹線もJR線に含まれます。つまり、片道101km以上新幹線を利用するときは、学割が適用されます。

学割を利用するには、所属する学校が発行する「学生・生徒旅客運賃割引証」(学割証)が必要です。

以下では、新幹線の学生割引についてわかりやすく解説しましょう。

広告

学生割引とは

学生割引(学割)とは、JRが指定する学校の学生・生徒に対して、JRの運賃を2割引にするという割引制度です。

JRが指定する学校とは、中学・高校・大学・専修・各種学校で、学校教育法が定める日本の学校はほとんどが含まれます。ただし、幼稚園や小学校は対象外です。小学生は子供料金なので、学割はありません。幼稚園児は大人と同伴時は無料です。

大学などの場合、学割が適用されるのは正規の学生のみです。聴講生などは対象外です。

特急料金は割引にならない

学割で2割引になるのは運賃だけです。特急料金は割引になりません。新幹線の料金は、「運賃+新幹線特急料金」の総額ですから、全体の新幹線料金が2割引になるわけではありません。新幹線を利用する場合、全体の総額からは、おおむね12%〜13%程度の割引になります。

学割料金の具体的な金額は「料金表」をご覧ください。

学割で指定席を利用するときは?

学割でも指定席を利用することはできます。その場合は、運賃が2割引で、定価の指定席特急券を購入します。グリーン車もグランクラスも利用できます。この場合も、グリーン料金やグランクラス料金は定価です。

往復割引も適用される

JRには往復割引という制度があります。片道601km以上の距離を利用する場合は、運賃が1割引になるという制度です。これは学割にも適用されます。つまり、学割で片道601km以上、JR線を利用する場合は、往復割引で1割引になった運賃がさらに学割で2割引になるのです。トータルでは運賃が28%割引になります。この場合も、特急料金は定価です。

往復割引の適用を受けるには、往復同時に乗車券(きっぷ)を買う必要があります。ただし、特急券は後で買っても構いません。往復同時に乗車券を購入する場合、学割証は1枚でかまいません。

広告

学割での新幹線チケットの買い方

学割で新幹線のチケットを購入するには、「学割証」が必要です。学割証は、正式には、「学校学生生徒旅客運賃割引証」といいます。

学割証は、自分の通っている学校から発行してもらいます。申請手続は学校によって異なりますので、学生課などにお尋ねください。多くの学校では、簡単な手続で発行してくれます。

学割証を持って、JRの駅窓口に行き、利用したい区間や列車名などを伝えると、学割で新幹線チケットが購入できます。学割証はその場で窓口に提出します。自動券売機やインターネットでは、学割で新幹線のチケットを購入することはできません。窓口のみの扱いです。

学割での購入は、新幹線乗車日当日でも可能です。乗る日に駅に行き、学割で新幹線チケットを買い、すぐに新幹線に乗ることもできます。

このように、学割で新幹線のチケットを買うときに特に必要となることは、「学割証をもらうこと」だけです。それと「窓口でしか購入できない」ことを頭に入れておきましょう。

新幹線の格安チケットと学割はどちらが安い?

新幹線には格安チケットと呼ばれるものがあります。その多くは金券ショップで販売されている回数券のバラ売りです。これと学割を比較しますと、基本的には学割のほうがはるかに安いです。

それ以外の、新幹線の割引きっぷなどと比較すると、ケースバイケースです。たとえば、東海道新幹線の「ぷらっとこだま」なら、東京〜新大阪が10,300円ですが、学割は自由席で11,870円です。この場合は、「ぷらっとこだま」のほうが安くなります。ただし、「ぷらっとこだま」は「こだま号」しか乗れませんし、制約も多いチケットです。

このように、学割はたいていお得ですが、必ずしも学割が一番安いとは限りません。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com