トップ >> お得なきっぷ >> フリーきっぷ >> 週末パス

週末パスのご案内

「週末パス」は、JR東日本の関東・南東北エリアの全路線などが乗り放題になるフリーきっぷです。利用できるのは土休日のみで、発売は利用日の前日までです。

乗り放題になるのは、小牛田、くりこま高原、湯沢、酒田以南のJR東日本線全線と、14の鉄道会社線の普通、快速が乗り降り自由のきっぷです。別途特急料金を支払えば、新幹線に乗ることもできます。

週末に東京−仙台や東京−新潟などを往復するだけでも元が取れるお得なきっぷです。

広告

週末パスとは?

週末パスは、JR東日本の女川、小牛田、くりこま高原、湯沢、酒田以南の全路線に自由に乗ることができるフリーきっぷです。JR線のほか、会津鉄道、富士急行、北越急行、えちごトキめき鉄道などの地方私鉄14社の路線にも乗ることができます。

新幹線については、東北新幹線の東京−くりこま高原間と、北陸新幹線の東京−上越妙高間、上越新幹線と山形新幹線の全線に乗ることができます。ただし、新幹線特急券は別に買わないといけないので、新幹線が乗り放題というわけではありません。また、東海道新幹線は一切利用できません。

有効期間は土休日の2日間、値段は大人8,730円、子供2,560円です。子供料金がきわめて安いのが特徴です。購入は利用日の前日までです。利用日当日は購入できません。また、ゴールデンウィークとお盆の期間は、土日であっても利用できません。

発売はJR東日本の駅窓口です。券売機でも購入することができます。

広告

週末パスの値段

週末パスの値段は大人8,730円、子供2,560円です。子供料金がきわめて安いのが特徴です。

週末パスの使い方

週末パスは、連続する土日祝のみ利用できるフリーきっぷです。きっぷの有効期間開始日の前日までに、JRの駅の窓口で購入します。土日有効のきっぷの場合は金曜日までに購入します。祝日絡みで日月有効のきっぷなら土曜日までに購入します。

新幹線を利用する場合は、新幹線特急券が別に必要です。新幹線特急券は当日購入しても構いません。当日の使い方は、購入した週末パス(と新幹線特急券)を自動改札機に通すだけです。降りるときは、自動改札機からはき出される週末パスを、忘れずにピックアップします。有効期間内なら、同じ週末パスで何度でもエリア内で利用できます。

週末パスの変更・払い戻し

週末パスは、有効期間開始日を変更することができます。有効期間内で未使用の場合に限り、変更を希望する有効期間開始日の前日まで、1回に限り変更できます。

週末パスの払戻しは有効期間内で未使用の場合に限り、発売箇所で行います。220円の払戻手数料がかかります。使用後は払い戻しできません。また、使用後に事故などで運行不能が発生した場合も、払戻しは行いません。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com