トップ >> 列車と停車駅 >> 座席

新幹線の座席

新幹線の座席は、普通車とグリーン車などのクラスで異なります。また、同じクラスでも車両により若干異なることがあります。

ここでは新幹線の座席(シート)について、基本的な設備についてご案内します。

広告

グリーン車の座席

グリーン車は2人掛け+2人掛けの4席が並ぶ座席配置です。標準的なシートピッチは1,160mmで、普通車の1,040mmより12センチほど広くなっています。

新幹線のグリーン車のリクライニング角度は車両により異なりますが、おおよそ25度〜31度程度です。

足元にはフットレスト(足置き)が置かれています。山陽・九州新幹線の一部の車両にはレッグレストもついています。室内照明は普通車に比べてやや暗めで、手元を照らすための読書灯が設置されています。

テーブルは肘掛けに収納されているものと、座席背面のものの2種類です。肘掛け自体も広いので、飲み物のコップくらいは置くことができます。

広告

普通車の座席

普通車は3人掛け+2人掛けの横5列が並ぶ座席配置。標準的なシートピッチはJR東海、西日本、九州が1,040mmで、JR東日本が980mmです。座席幅は440mmが標準的です。

ただ、普通車の車両のシートは車両によって多少異なります。とくに、山陽・九州新幹線だけを走る列車の普通車指定席は、座席配置が2人掛け+2人掛けの横4列になっています。この配置では、座席幅は465mmにもなります。

JR東日本の新幹線では、普通車の標準シートピッチは980mmですが、最近の車両では1,040mmのものも出てきています。

いずれの車両でも、普通車のリクライニング角度は20度程度で、フットレスト、レッグレスト、読書灯などはありません。テーブルは座席背面テーブルが一つのみで、肘掛けに飲料などを置くスペースはありません。

シート・コンセント

新幹線のシート・コンセントは、最近の車両はグリーン車は全席、普通車は窓側席は全席設置されるようになりました。そのため、最新車両が投入される各新幹線の主力列車では、モバイルコンセントを使うことができます。

しかし、新幹線でも古い車両はコンセントなしの列車もまだ多いです。

詳しくは、「コンセント」の項目をご覧ください。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com