トップ >> 料金 >> 往復割引

新幹線の往復割引

往復割引とは、往復でJR線を利用した際に、片道あたりの営業キロが601km以上の場合に、運賃を1割引にする制度です。割引になるのは運賃だけですので、新幹線の特急料金は割引になりません。

ここでは、新幹線を利用する際の往復割引について説明しましょう。

広告

往復割引とは

JRで、同一区間を往復で利用する際の乗車券が「往復乗車券」です。往復乗車券のうち、片道の距離が営業キロで601km以上の場合に、運賃が1割引になります。これを「往復割引乗車券」といいます。往復割引は、行きも帰りもまったくの同一区間を利用する際に適用されます。

往復割引運賃の計算方法

往復割引運賃は、片道あたりの運賃を1割引にして、端数を切り捨てて、それを往復分(2倍)にして計算します。

たとえば、東京〜岡山間で計算してみましょう。この区間は片道732.9kmで、601km以上ありますから往復割引の対象となります。JRの運賃区分では、721〜760kmに該当しますので、運賃は10,480円です。これを1割引にすると9,432円。端数を切り捨てて、9,430円になります。9,430円×2で18,860円が往復割引運賃です。2,100円も安くなります。

往復同時購入しなければならない

往復割引の適用を受けるには、往復分を同時に購入しなければなりません。

往復割引乗車券の有効期間

往復割引乗車券のきっぷの有効期間は、以下の通りです。

  • 片道601km〜800km 10日
  • 片道801km〜1000km 12日
  • 片道1001km〜1200km 14日
  • 片道1201km〜1400km 16日
  • 片道1401km〜1600km 18日

具体的には、東京から岡山や新青森なら10日、広島や函館なら12日、新山口や博多なら14日、熊本なら16日、鹿児島なら18日です。

なお、「EX予約サービス」「スマートEX予約サービス」の往復割引では、往復の期間が最大1ヶ月に設定されています。

広告

発着区間に新下関〜博多間を含む場合の特例

往復乗車券で、新下関〜博多間が途中に含まれる場合は、一方が、山陽新幹線経由、他方が在来線(山陽本線・鹿児島本線)経由でも、往復乗車券となります。この区間は、新幹線と在来線で運賃が少しだけ違うので、利用した路線の経路にしたがって運賃額が決定されます。

運賃額の違いは、JR九州とJR西日本の運賃基準が異なるためです。JR西日本のほうが運賃が安いので、往復新幹線経由のほうが往復運賃は安くなります。

特急券は割引にならない

往復割引乗車券で割引になるのは「運賃」のみです。「新幹線特急券」は割引になりません。そのため、新幹線を利用する場合は、特急券を定価で買わざるをえないので、総額からみた割引額は7〜8%にとどまります。

しかし、新幹線は割引きっぷが少ないので、7〜8%の割引額でも小さくはありません。新幹線回数券のバラ売りを買うより安いこともあります。新幹線に自由席がある場合は、自由席を利用すれば、そこそこお得になります。

往復割引の払い戻し

往復割引乗車券を払い戻す場合、有効期間内で使用開始前なら220円の手数料で払い戻せます。使用開始後であっても、有効期間内で未使用区間が101km以上あれば、手数料を支払って払い戻せます。その場合は、普通運賃で当該区間を乗ったものとして、支払総額との差額が払い戻されます。当然、往復割引の適用は取り消されます。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com