トップ >> きっぷのルール >> 再発行

新幹線のきっぷの再発行

新幹線のきっぷを紛失した場合に、再発行することはできるのでしょうか。結論からいうと「きっぷをなくしたの再発行して下さい」と窓口に申し出た場合、利用予定の列車の正規料金を払い直せば再発行してくれます。要するに、再発行というよりは「買い直し」です。

買い直しのときに、きっぷを紛失した旨を伝えて再購入すると「紛失再」という表示のきっぷになります。この「紛失再」きっぷを利用後も保存しておくと、紛失したきっぷが出てきたときに、手数料を差し引いて払い戻しを受けることができます。

ここでは、新幹線のきっぷの再発行の対応についてご案内します。

広告

きっぷの再発行に関するルール

利用者がきっぷを紛失した場合に、JRで再発行してもらうことはできません。なぜなら、JRは紙のきっぷ一つ一つにIDを振っているわけではないので、「紛失したきっぷ」を無効にすることができないからです。紛失したきっぷが有効なまま、同じきっぷを再発行したら二重発行になってしまいます。したがって、JRは再発行をすることが原理的に不可能なのです。

そのため、きっぷを紛失した場合、利用者は別のきっぷを新たに再購入しなければなりません。

紛失したきっぷが割引きっぷや格安チケットだったとしても、再購入するきっぷは、割引のない正規運賃・料金のきっぷになります。このきっぷには「紛失再」などの目印が振られます。

再購入したきっぷで新幹線に乗った後、降車駅で有人改札を通り、「再収受証明」を受けます。1年以内に紛失したきっぷが見つかった場合、「紛失したきっぷ」と「再収受証明を受けた再購入きっぷ」の両方をJR駅の窓口に持って行くと、再購入きっぷの代金が払い戻されます。このとき、所定の手数料が差し引かれます。手数料は、乗車券・自由席特急券220円、指定席券が330円です。

紛失再購入についての詳細は「新幹線のきっぷを紛失したら」をご覧ください。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com