トップ >> 列車案内 >> 荷物置き場

新幹線の荷物置き場と荷物棚

新幹線で荷物を置くスペースは、荷物置き場と荷物棚です。このスペースは限られていますので、新幹線に持ち込める荷物の大きさには制限があります。とくに、大型のスーツケースを持ち込む際には注意が必要です。

ここでは、新幹線の荷物置き場や荷物棚のサイズや、新幹線に持ち込める荷物の大きさなどをご案内します。

広告

新幹線に持ち込める荷物のサイズ

新幹線に持ち込める荷物サイズは、規則の上では、タテ・ヨコ・高さの合計が250cmです。また、長さ2mを超える物は原則として持ち込めません。

スポーツ用品、楽器、娯楽用品などは、2mを越えたとしても、車内で立てて携帯できるなら持ち込むことができます。このとき、専用の袋、ケースなどに収納する必要があります。したがって、スキー用品やサーフボードも新幹線に持ち込むことは可能です。

つまり、持ち込めないのは、「スポーツ用品や楽器類以外で、長さ2mを超える物」です。通常の旅行では2mを越えるものを持ち運びすることはまずないので、持ち運べる荷物なら持ち込むことは規則上は可能です。

新幹線に持ち込める荷物の個数

新幹線に持ち込める荷物の個数は2個です。これには、傘、杖、ハンドバックなど身の回り品は含まれません。身の回り品を除いて2個までです。

広告

新幹線の荷物棚のサイズ

新幹線の座席の上には荷物棚があります。一般には、荷物を置くことのできるほぼ唯一のスペースが荷物棚です。荷物棚のサイズ(奥行き)は40cm〜45cm程度で、高さは30〜35cm程度です。車両によって違いがあり、2階建て新幹線では狭くなっています。

新幹線のデッキの荷物置き場

新幹線の一部の車両には、デッキに荷物置き場が設置されています。ただし、荷物置き場が設置されている車両は少なく、東海道新幹線には荷物置き場は一切設置されていません。

デッキに荷物置き場が設けられている車両は以下の通りです。

JR東日本 E1系、E2系、E3系、E6系
JR西日本 700系レールスター

最後列の座席の後ろ

荷物棚に荷物が収まらず、荷物置き場がない場合は、車両の最後列の座席の後ろに荷物を置くという方法もあります。ただし、最後列の座席のリクライニングを支障してしまう場合もありますので、自分がその座席に座り、その後ろに置くようにしましょう。指定席券を購入する際に、最後列が欲しいと伝えると、空いていれば確保してくれます。

自由席の場合は、始発駅で早めに並んで座るといいでしょう。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com