トップ >> 列車と停車駅 >> 九州新幹線の車両

九州新幹線の車両のご案内

九州新幹線に使われている車両はN700系と800系です。このページでは、JR九州の九州新幹線の使用車両についてご案内します。

広告

九州新幹線を走る車両の種類

九州新幹線では、「みずほ」「さくら」「つばめ」の3つの列車種別があります。山陽新幹線に直通する「みずほ」「さくら」はN700系の8両編成です。山陽新幹線に直通しない列車は8両編成のN700系のほか、800系の6両編成も走っています。

九州新幹線の車両座席配置は、N700系と800系で異なり、N700系は指定席のみ「2列シート&2列シート」というゆったりした座席配置で、グリーン車を連結しています。800系は自由席も含めた全席が「2列シート&2列シート」で、グリーン車はありません。

N700系
九州新幹線のN700系8両編成で、山陽・九州新幹線の新大阪〜博多〜鹿児島中央間を走ります。普通車指定席(4〜8号車)は「2列シート&2列シート」です。自由席(1〜3号車)は3列×2列です。コンセントはグリーン車の全座席と普通車の窓側(A・E席)・最前部・最後部の座席に設けられています。全席禁煙で、喫煙ルームが3・7号車にあります。最高速度は300km/hです。
800系
800系は2004年にデビューした九州新幹線の車両で、6両編成です。700系をベースとして、急勾配にも登れるような仕様とされています。全席禁煙で、喫煙ルームはありません。内装は日本の「和」を基本コンセプトとする独自の意匠が施され、自由席も含め全車「2列シート&2列シート」です。最高速度は260km/hです。


Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com