トップ >> きっぷのルール >> ICサービス

ICサービスで新幹線に乗車するときのルール

新幹線のICサービスは、JR東海のEX予約サービスとスマートEXサービス、JR東日本のモバイルSuicaがあります。EX予約サービスには専用のICカードが必要です。スマートEXサービスにはSuica、ICOCAなどの交通系ICカードが必要です。モバイルSuicaには携帯電話などのモバイル機器が必要です。

こうしたICサービスで新幹線に乗車する場合、普通のJRのきっぷとルールが異なります。普通のきっぷよりルールが柔軟な部分もありますが、制約もありますので注意しましょう。

ここでは、新幹線をICサービスで利用する場合の、気をつけたい特別ルールをご案内します。

広告

新幹線のICサービスとは?

新幹線のICサービスとは、ICカードや機器を使って、チケットレスで新幹線に乗車できるしくみのことです。この場合、ICカード専用の運賃体系が適用されます。通常のきっぷとはルールが異なります。

変更回数が無制限

EX予約サービスやスマートEXサービス、モバイルSuicaでチケットレス利用をする場合、列車発車時刻4分前までならば、乗車列車の変更は何回でも自由に行えます。列車の時刻変更、出発日や区間・設備(普通車・グリーン車)の変更もできます。ただし、EX早特や、スーパーモバトクでは変更に制限があります。

途中下車は前途無効

ICサービスを利用した場合、途中下車は前途無効になります。通常のきっぷでは、運賃部分は前途有効ですが、ICサービスでは無効です。

改札口が限定されている場合もある

EX予約サービスやスマートEXでは、利用できる改札口は新幹線専用改札口に限られます。たとえば東京駅の丸の内口は利用できません。

特定都区市内駅制度が適用されない

特定都区市内制度(「東京都区内」「東京山手線内」「大阪市内」など)は適用されず、新幹線の停車駅相互間でしか購入できません。たとえば、新宿駅から利用する場合は、新宿駅〜東京駅の運賃はICサービスには含まれません。

早期割引ICサービスは制限が多い

EX早特やスーパーモバトクといった、早期割引のICサービスは、利用に制限が多いです。上記のように、変更回数に制限がある場合もありますし、後続列車の自由席が利用できない場合もあります。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com