トップ >> お得なきっぷ >> 早特きっぷ

新幹線の早特きっぷの基礎知識

新幹線には「早特きっぷ」という早期購入割引の格安チケットがあります。いくつか種類があり、予約期限や購入方法などの内容はそれぞれ異なります。新幹線の割引きっぷのなかでは、割引率が高いのが「早特きっぷ」です。ほとんどのチケットが、列車、区間、席数などが限定になっています。

ここでは、新幹線の「早特きっぷ」についてご説明します。

広告

早特きっぷの特徴とルール

新幹線の「早特きっぷ」は、早期購入限定で大幅に割引するチケットです。ルールはさまざまですが、区間限定、列車限定、席数限定、変更不可などの制限がある場合が多いです。 また、乗り遅れた場合に、後続の列車に乗車できないという制約もあったりします。

新幹線の全ての区間に「早特」があるわけではありません。インターネットでのみ予約可能なきっぷも多いです。

主な早特きっぷを以下でご紹介します。

駅の窓口で購入できる「早特きっぷ」

のぞみ早特往復きっぷ

東海道・山陽新幹線の「のぞみ号」が利用できる早特往復きっぷです。山陰・四国から東京・横浜を往復する場合に利用できます。乗車日の21日前〜7日前まで予約可。東京〜名古屋・大阪などの区間には設定がありません。山陽エリア~東京間は2017年10月で設定終了となっています。

「九州新幹線&のぞみ」早特往復きっぷ

東海道・山陽の「のぞみ号」と九州新幹線が利用できる早特往復割引きっぷです。熊本、鹿児島などから名古屋、京都、東京へ往復する場合に利用できます。名古屋、京都から熊本、鹿児島中央などへの往復にも利用できます。乗車日の7日前まで予約可。約10〜14%程度の割引です。「のぞみ号」と九州新幹線は、博多駅で乗り換えです。

大阪・神戸早特往復きっぷ

熊本、鹿児島などから大阪、神戸への早特往復きっぷです。約15〜17%程度の割引になります。7日前まで購入可。

新幹線自由席用早特往復きっぷ

東海道新幹線の名古屋〜大阪間に設定されてる早特往復きっぷです。「のぞみ号」「ひかり号」「こだま号」の自由席を利用できます。乗車日の7日前まで予約可。22%割引です。

ガチきっぷ

18歳〜24歳限定の期間限定の片道の割引きっぷです。九州内の主要都市間の九州新幹線、特急列車の自由席限定です。対象年齢なら割引率は非常に高いきっぷです。主に大学の休暇期間中に発売。

広告

インターネットでのみ購入できる「早特きっぷ」

EX早特

JR東海のインターネット予約サービス「エクスプレス予約」「スマートEX」の会員専用の割引きっぷです。東海道・山陽新幹線の主要区間に設定されています。会員以外の方は利用できませんが、「スマートEX」は無料で会員登録できます。乗車日の3日前まで予約可。11%〜17%程度の割引です。

スーパー早特きっぷ

JR西日本のインターネット予約「e5489」と「JR九州のインターネット予約サービス」の専用商品です。会員限定のチケットですが、会員登録は無料ですので、誰でも利用できます。山陽・九州新幹線の新大阪・新神戸・岡山・広島〜小倉・博多・熊本・鹿児島中央などに設定があり、最大で約35%安くなります。「のぞみ号」「みずほ号」などが利用できます。乗車日の2週間前まで予約可。でも購入できます。

こだまスーパー早特きっぷ

山陽新幹線の新大阪・新神戸・西明石・姫路〜小倉・博多間に設定されている「こだま号」専用の早特往復きっぷです。新大阪〜博多間を直通運転する「こだま号」の普通車指定席が利用できます。最大で約45%の大幅割引が特徴。乗車日の21日前〜14 日前まで予約可。

J-WEST 早特往復きっぷ

JR西日本のクレジットカード「J-WESTカード」の会員専用の往復割引きっぷです。大阪・神戸〜小倉・博多・長崎を往復する場合に利用できます。割引率は16〜42%です。「早特7」「早特14」の2種類があり、早特7は出発日の7日前まで、早特14は出発日の14日前まで予約可。

e早特

「J-WESTカード」または「JQカード」会員専用のきっぷです。新大阪〜熊本・鹿児島などに設定があり、片道から利用できます。18%〜33%程度の割引。乗車日の3日前まで予約可。

九州ネット早特

JR九州インターネット列車予約サービスで購入できるネット限定の片道きっぷ。会員限定のチケットですが、会員登録は無料ですので、誰でも利用できます。九州新幹線の博多〜熊本・鹿児島中央で片道から利用できます。最大50%程度の割引になります。乗車日の3日前まで予約可の「早特3」と乗車日の7日前まで予約可の「早特7」があります。

広告

早特きっぷの予約方法と購入方法

早特きっぷには、上記のように、「JR駅窓口で買えるもの」と「インターネット限定」の2種類があります。「JR駅窓口で買える早特きっぷ」の場合は、普通のきっぷを買うときと同様、駅窓口で予約・購入をします。駅で早特きっぷを購入することで、予約も同時に成立します。

「インターネット限定の早特きっぷ」の場合は、当該のインターネットでのみ予約・購入できます。インターネットは会員限定ですが、各社とも無料会員の制度があります。

JR東日本では、「早特きっぷ」はありません。ただし、同社のインターネット予約サイト「えきねっと」で「お先にトクだ値」という早期割引チケットを販売しています。

早特きっぷの変更・払戻方法

早特きっぷには、変更・払戻しについて制限がある場合がほとんどです。きっぷによってルールは異なりますが、だいたいのきっぷで変更不可です。取消料金はそれほど高額ではありませんが、チケットによっては高めに設定されていることもあります。

とくに、「変更不可」は大きな制約になりますので、予約前に、利用条件をよく確認しましょう。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com