トップ >> よくある質問 >> 禁煙車

新幹線の禁煙車

Q:新幹線の禁煙車は何号車ですか?

A:新幹線はほとんどの列車が全車両禁煙です。東海道・山陽新幹線の700系では喫煙車が設定されていて、10、15、16号車です。それ以外の新幹線車両は全席禁煙です。以下で詳しくご案内します。

広告

基本は全席禁煙

最近の新幹線は全席禁煙が基本です。そのため、「禁煙車」という概念はあまりなくなっており、とくに希望しなければ喫煙車にあたることはありません。現在、禁煙車と喫煙車の両方があるのは東海道・山陽新幹線の700系だけですが、もうあまり走っていません。700系の喫煙車も10号車(グリーン車)、15、16号車のみです。

東海道・山陽・九州新幹線では、全席禁煙の車両に喫煙コーナー(喫煙ルーム)が設けられています。喫煙ルームは3、7、10、15号車にあります。煙を避けたい場合は、これらの車両や、これらの車両と隣接する車両を避けるといいでしょう。

東北・北海道・上越・北陸・山形・秋田の各新幹線は全席禁煙で、禁煙車、喫煙車の区別もありません。喫煙ルームもありません。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com