トップ >> よくある質問 >> 乗り遅れ

乗り遅れたら次の列車に乗れる?

Q:新幹線の指定席を持っていましたが、予約していた列車に乗り遅れてしまいました。次の列車には乗れるのでしょうか?

A:指定席で予約していた列車に乗り遅れた場合、原則として後続列車の自由席に乗ることができます。したがって、次の列車に乗れます。ただし、一部のチケットの場合、乗り遅れたら無効で、後続列車に乗れません。以下で詳しくご案内します。

広告

新幹線に乗り遅れた場合

JRでは、指定された列車に乗り遅れた場合は、同日の後続列車の自由席に乗れる、というルールを設けています。そのため、指定席を予約していた新幹線列車に乗り遅れた場合、同じ日の同じ区間の後続列車の自由席に乗ることができます。手続きは不要です。したがって、乗り遅れた場合、次の列車に乗ることができます。

お持ちの指定席特急券をそのまま自由席特急券として使えます。後続列車に自由席がない場合は、立席で乗ることができます。

いずれの場合も、乗り遅れた列車と同日に限ります。したがって、その列車が最終列車の場合は、こうした救済はありません。

また、JR東日本の「えきねっとトクだ値」やJR西日本「スーパー早特きっぷ」など、一部のインターネット専用きっぷでは、乗り遅れた場合は料金券部分が無効になります(乗車券部分のみ有効)。旅行会社のツアー扱いの乗車票は、乗り遅れた場合に後続列車に乗れる場合と、完全無効になる場合とがあります。旅行商品をご購入の前にご確認ください。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com