トップ >> よくある質問 >> 子どもの年齢

新幹線の子ども料金は何歳からですか?

Q:新幹線の子ども料金の適用年齢は何歳からですか?

A:新幹線の子ども料金が適用されるのは、6歳〜12歳です。ただし、6歳でも小学校入学前は「幼児」の扱いで「子ども料金」の適用を受けません。つまり、小学校に入った4月1日から子ども料金になります。以下で詳しくご案内します。

広告

子ども料金とは「小学生の料金」

小学校入学前の子どもは、JRでは「幼児」と分類されます。幼児は1歳〜6歳未満の未入学時で、運賃・料金とも無料で新幹線に乗ることができます(大人1人につき幼児2人まで。指定席は有料)。そのため、幼児はお得です。

小学校に入ると「子ども料金」の適用を受け、大人料金の半額がかかるようになります。また、グリーン券、グランクラス券は、年齢に関わらず「おとな」と同額です。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com