トップ >> よくある質問 >> 在来線乗り継ぎ

指定席と在来線を乗り継ぐときの運賃・料金の計算方法は?

Q:指定席と在来線を乗り継ぐとき、運賃や特急料金はどう計算されるのでしょうか?

A:運賃は在来線と通算されます。特急料金は新幹線と在来線は別立てなので、打ち切りで計算します。ただし、新幹線と在来線を乗り継ぐときは、乗り継ぎ割引が適用される場合もあります。以下で詳しくご案内します。

広告

新幹線も在来線も運賃は通算。例外もあり

新幹線に乗るとき、運賃(乗車券)は在来線と共通、新幹線特急料金(特急券)は在来線とは別です。

たとえば千葉県の蘇我から総武線で東京駅まで来て、東京〜名古屋を東海道新幹線に乗り、名古屋〜津まで関西線に乗るとしましょう。この場合、運賃は蘇我〜東京〜津を通算で計算します。途中で打ち切りがないのでお得です。

このとき、蘇我〜東京を特急「わかしお」に乗り、名古屋〜津を特急「ワイドビュー南紀」に乗るとしましょう。この場合、「わかしお」と「ワイドビュー南紀」の特急料金は、新幹線と通算しません。それぞれ各区間で打ち切って計算します。

ただし、新幹線と在来線特急を乗り継ぐときは「乗り継ぎ割引」という制度があります。乗り継ぎ割引が適用されると、在来線の特急料金(指定席の場合は指定席特急料金)が半額になります。

乗り継ぎ割引は、東京・品川・上野・大宮駅や九州内での乗り継ぎなどには適用されません。また、上記のように在来線特急〜新幹線〜在来線特急と乗る場合、乗り継ぎ割引が適用されるのは1列車だけです。

そのため、上記の例では「ワイドビュー南紀」には乗り継ぎ割引が適用されますが、「わかしお」は的証されません。

ここまで書いたのは、正規運賃・料金で乗車した場合です。新幹線回数券などの割引きっぷや、ネット専用きっぷを利用する場合、新幹線と在来線は運賃・特急料金とも打ち切り計算になる場合が多いです。乗り継ぎ割引も適用されない場合が多いです。割引きっぷや格安チケットを利用する場合は、ご確認ください。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com