トップ >> よくある質問 >> 繁忙期と閑散期

指定席の値段の高い時期と安い時期はいつ?

Q:指定席には値段の高い時期と安い時期があると聞きました。いつが高く、いつが安いのでしょうか?

A:指定席料金は時期により価格が変動します。春休み、夏休み、冬休みやゴールンデンウィークが繁忙期で200円増し。オフシーズンの平日が閑散期で200円引き。それ以外が通常期です。以下で詳しくご案内します。

広告

繁忙期と閑散期では400円違う

新幹線では時期により価格が異なります。JRではこれを「シーズン別指定席特急料金」と呼んだりしています。

繁忙期に新幹線普通車指定席を利用する場合は、通常期の指定席特急料金に200円増しとなります。閑散期に普通車指定席を利用する場合、通常期の指定席特急料金から200円引きとなります。

閑散期と繁忙期の分類は以下の通りです。

◆繁忙期…3月21日〜4月5日、4月28日〜5月6日、7月21日〜8月31日、12月25日〜1月10日。
◆閑散期…1月16日〜2月末日・6月・9月・11月1日〜12月20日の期間の月〜木曜日 (ただし、祝日及びその前日と振替休日を除きます)。
◆通常期…閑散期、繁忙期以外の日です。

おおざっぱにいって、春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、春休みが繁忙期。春や秋の行楽シーズンを除いた時期の平日が閑散期。それ以外が通常期となります。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com