トップ >> よくある質問 >> 指定席と自由席の差額

新幹線の指定席と自由席の差額はいくら?

Q:新幹線の指定席は自由席よりいくら高いのでしょうか?

A:指定席料金は自由席料金プラス520円が基本です。ただ、時期や区間により差額(プラス料金)は異なり、320円〜1,340円の差額が発生します。指定席の値段は時期により異なり、閑散期には安くなり、繁忙期には高くなります。また、差額は区間によっても異なります。以下で詳しくご案内します。

広告

指定席の「基本料金」は520円

新幹線の自由席と指定席の差額は520円が基本です。したがって、指定席の基本料金は520円ということになります。ただ、繁忙期(ピークシーズン)は200円割増の720円になり、閑散期(オフシーズン)には200円割引の320円になります。したがって、混雑していない時期は、指定席と自由席の差額は小さくなります。

「のぞみ号」の指定席は、「のぞみ割増料金」がかかります。この金額は東京〜名古屋で210円、東京〜新大阪で310円、東京〜博多で620円などとなっています。

そのため、「のぞみ号」の指定席に乗る場合は、上記の指定席の基本料金のほかに、この割増料金が加わります。自由席は「のぞみ割増料金」はかかりません。

たとえば、東京〜新大阪の繁忙期の指定席と自由席の差額は「520円+310円=830円」となります。東京〜博多の繁忙期の差額は「720円+620円=1,340円」となります。差額としてはこれが最大です。

「みずほ号」についても同様に、指定席のみ「みずほ割増料金」がかかります。これは210円〜310円です。

「はやぶさ号」「こまち号」についても区間により100円〜510円の割増料金がかかります。「はやぶさ号」「こまち号」は自由席はありませんが、同区間の「やまびこ号」の自由席との差額を計算する場合には、この割増料金も考慮してください。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com