トップ >> 予約と購入 >> インターネットサービス >> エクスプレス予約

エクスプレス予約の使い方

JR東海のインターネット予約サービスが「エクスプレス予約」です。東海道・山陽新幹線の列車の指定席・自由席を予約できます。

エクスプレス予約は会員専用のサービスで、東海道・山陽新幹線のチケットレスサービスが利用可能です。また、紙のきっぷでの列車予約もできます。その場合、きっぷの受取は、JR東海・JR西日本各駅の窓口もしくは券売機・受け取り専用機で行えます。

ここでは、エクスプレス予約の使い方やお得なきっぷについて、わかりやすく解説します。

広告

エクスプレス予約を利用するには

エクスプレス予約を利用するには、2つの方法があります。1つは、エクスプレス用のクレジットカードに入会し、「エクスプレス会員」になること。もう一つは、手持ちのクレジットカードに「エクスプレス特約」を付けて「プラスEX会員」になることです。

エクスプレス会員になるには、「JR東海エクスプレスカード」または「J-WESTカード(エクスプレス)」「ビューカード(エクスプレス特約)」への入会が必要です。プラスEX会員になる手続は、それぞれのカード会社におたずねください。

どちらの形でも、1,000円(税別)の年会費がかかります。入会していない人は利用できません。また、無料会員の制度はありません。

エクスプレス予約のサービス概要

エクスプレス予約のサービスをまとめてみましょう。エクスプレス予約で提供されているサービスは、以下の通りです。

  • パソコンやスマートフォンで東海道・山陽新幹線の指定席・自由席を購入可能。
  • エクスプレス予約限定の割引きっぷを購入可能。
  • 新幹線の好きな座席をシートマップで選ぶことが可能。
  • 予約後、何度でも別の列車に変更可能。
  • 乗車ごとにグリーンポイントが貯まり、貯まったポイントでグリーン車を利用できる(プラスEX会員は除外)。

エクスプレス予約で購入できるきっぷ

エクスプレス予約では、主に「EX予約サービス」「EX早特」「e特急券」といったきっぷを購入できます。きっぷはインターネットで予約・決済します。EX予約サービスとEX早特はチケットレスサービスも利用でき、駅でのきっぷの受取をしなくても乗車できます。「e特急券」は、駅で紙のきっぷを受け取ります。受け取れる駅は東海道・山陽新幹線の各駅です。

EX予約サービス

「EX予約サービス」は、エクスプレス会員専用の基本商品です。EX予約専用カードを改札にタッチするだけで改札口を通過できます。価格は通常の紙のきっぷより少し安く設定されています。利用日当日でも購入でき、座席数に制限もありません。

EX早特

EX予約サービスの早特版が「EX早特」です。乗車の3日前(23:30)までに購入することで、割引価格になります。列車・区間・席数限定です。東海道・山陽新幹線の主要駅間で設定があります。

それ以外の利用方法は、EX予約サービスと同じです。

e特急券

エクスプレス予約会員専用の特急券です。東海道・山陽新幹線の各駅間で設定があります。

指定席の場合、駅窓口で購入する自由席特急券とほぼ同じか、少し安い価格で購入できます。自由席のe特急券も指定席と同額です。きっぷの受取は、JR東海・JR西日本各駅の窓口もしくは券売機・受け取り専用機で行えます。

e特急券だけでは新幹線には乗車できません。別に「乗車券」を用意する必要があります。乗車券は通常の紙のチケットで、駅の窓口や券売機で購入する必要があります。このとき、乗車券に割引はありません。

通常のきっぷ

エクスプレス予約では、通常の紙のきっぷは購入できません。

広告

エクスプレス予約で購入したきっぷの変更

「エクスプレス予約」で予約・購入したきっぷは、駅での受取前またはEX予約専用カードで改札口を通過する前ならば、変更が何度でも無手数料で可能です。変更手続きはエクスプレス予約のホームページ上で行います。

受取後のきっぷの変更は、JR東海・JR西日本の主な駅の窓口でその旨を伝えて、新たに必要なきっぷ(無割引の通常のきっぷ)を購入します。この場合、手持ちの特急券は、発売会社の窓口で手数料なしで払戻しできます。

グリーンプログラム

エクスプレス予約を利用すると、区間に応じてポイントが付与されます。これが「グリーンプログラム」です(プラスEX会員は除外)。

たとえば、東京〜新大阪間なら、一乗車で90ポイントが貯まります。1000ポイント貯まると、「のぞみ」の同区間のグリーン車に乗ることができます。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com