トップ >> お得なきっぷ >> インターネット専用きっぷ >> e早特1

e早特1の買い方、使い方

「e早特1」は、JR西日本のインターネット予約サイト「e5489」で販売されているネット専用の早期割引版の特急券です。出発日の前日まで購入できます。「e早特1」を購入できるのは「J-WESTカード会員」のみです。

e早特1は、専用の片道乗車券(e5489専用乗車券)と料金券をセットで発売します。期間・区間・席数限定です。

e早特1が利用できるのは、北陸新幹線です。インターネットで予約で購入したe早特1は、駅の窓口や券売機で「紙の特急券」に交換して受け取り、新幹線に乗車できます。

ここでは、e早特1の買い方、使い方をわかりやすく説明しましょう。

広告

e早特1とは?

e早特1は、北陸新幹線の特定の区間、種別の列車の指定席を利用できる特急券です。山陽新幹線用のチケット「e早特」と名称が似ていますが、ルールは異なりますのでご注意ください。乗車日の前日23時までの限定発売で、乗車時には、駅で紙のきっぷに引き換えて乗車します。

e早特1では、予約の変更は一切できません。きっぷの受け取り前であっても、変更はできません。

新幹線を利用する際には、e早特1のほかに、専用の片道乗車券(e5489専用乗車券)が必要です。e早特1とe5489専用乗車券はセットで発売されます。e早特1の料金券のみの購入はできません。

e早特1には、子供料金の設定もあり、おおむね大人料金の半額です。学割はありません。駅では発売されていません。

e早特1の値段

e早特1は指定席のみの販売です。販売区間、列車、座席数は限定です。e早特1の値段(片道)は以下の通りです。

■普通車指定席

  • 富山〜東京 10,880円
  • 新高岡〜東京 11,650円
  • 金沢〜東京 12,130円

※上記は、専用の片道乗車券(e5489専用乗車券)と料金券のセットの値段です。こどもは半額です。
※値段は変更されることがあります。予約時には最新情報でお確かめください。
※上記以外にも設定区間があります。

広告

e早特1の使い方

e早特1は、出発日の1ヶ月前〜前日の23時までに、インターネットの「e5489」で予約・購入します。駅で「紙の特急券」に引き換えて受け取り、新幹線に乗車します。チケットレスではなく、従来同様、紙のチケットが発行されます。

紙のきっぷの受け取り場所は?

予約したe早特1は、駅の窓口や券売機で「紙のきっぷ」に引き換えて受け取り、新幹線に乗車します。受取時には、決済時に使用したクレジットカードを提示します。自動券売機で受け取る場合は、クレジットカードを挿入すれば受け取ることができます。

受け取りは、JR西日本、JR四国の各駅の窓口か特急券券売機で行えます。また、JR東日本の北陸本線の各駅と、東京都内の主要駅でも受け取れます。 その他のJR東日本の駅や、JR東海の駅窓口および旅行会社での受け取りはできません。

受け取った紙のきっぷは、通常のきっぷと同様に自動改札機に通して改札を抜け、新幹線に乗車できます。

e早特1の変更・払戻方法

e早特1は、予約後の変更はできません。きっぷの受け取り前であっても変更は不可能です。変更する場合は、いったん払い戻しして買い直します。

きっぷ受取り後の変更の場合で、駅の窓口で新たに必要なきっぷ(割引なし)を購入する場合は、全行程で払い戻し手数料は不要です。「e5489」で予約を取り直した場合は、所定の払い戻し手数料が必要です。

払い戻しについては、きっぷの受け取り前で乗車日当日までの場合、座席1席につき料金券330円、専用乗車券220円の払戻手数料で払い戻せます。

きっぷの受け取り後の払い戻しは、乗車日の2日前までなら、受け取り前と同じです。乗車日前日と当日の列車出発時刻前までは、料金券部分は、発売額の30%の払い戻し手数料がかかります。列車出発時刻後の払い戻しはできません。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com