トップ >> きっぷのルール >> 予約変更

新幹線の指定席券の予約変更

新幹線の指定席予約の変更は、原則として1回に限り可能です。きっぷの使用開始前で、有効期間内であることが条件です。1回変更した指定席券は、2回目の変更はできません。2回目の変更をする場合は、予約を取り消して払い戻し、また買い直す、という手順になります。

新幹線回数券は、何度でも変更が可能です。また、一部の格安チケット、早特きっぷなどのなかには、変更が1回もできないものもあります。1回のみ変更可能、というのは、通常価格で新幹線のきっぷを買った場合の原則です。

1回目の変更に関しては、手数料は不要です。変更は、JR駅の窓口で行えます。旅行会社で買ったきっぷなら、その旅行会社でも変更できます。

ここでは、新幹線の指定席券の予約変更についてご案内します。

広告

正規料金の指定席券の予約変更

割引なしの正規料金で指定席券を購入した場合、1回に限り無手数料で予約した指定席の日付、区間の変更ができます。正規料金とは、JR駅に掲示されている料金表の価格です。その価格で購入した場合、変更は1回に限り無料で可能、ということになります。

往復割引の適用を受けていても、正規料金として扱われます。往復割引以外の割引で指定券を買った場合、正規料金ではありません。

正規料金の指定席券の予約変更は、指定している列車の発車前に限り可能です。列車が発車してしまったら、変更はできません。その場合は、当日の後続列車の自由席に乗ることができます。

また、指定席券の予約変更は、変更先の列車の指定席に空席がある場合に限り可能です。変更希望の列車が満席の場合、変更はできません。ただし、変更希望の列車が満席の場合は、自由席に変更することは可能です。

変更できるのは日付、時間、区間

正規料金で購入した指定席券の予約変更は、「日付」「時間」「区間」のいずれも可能です。「4月1日10時発のぞみ号の東京〜大阪の指定席券」を「4月10日17時発はやぶさ号の東京〜仙台の指定席券」に変更することも可能です。

差額は精算します。不足金額があれば支払わなければなりませんし、余剰金額があれば払い戻されます。その手数料も無料です。

広告

正規料金の自由席特急券の変更

割引なしの正規料金で自由席特急券を変更したい場合はどうしたらいいのでしょうか。

自由席特急券は、列車の予約はしていませんので、有効期間の日ならどの列車にも乗ることができます。したがって、同じ日の列車なら予約変更の必要はありません。

日付や区間を変えたい場合は、1回に限り無手数料で変更することができます。

割引きっぷの指定席券の予約変更

JR駅の窓口で購入した「割引きっぷ」については、予約変更のルールがきっぷごとに異なります。以下に、代表的な割引きっぷの変更ルールをまとめてみました。

新幹線回数券
指定列車の変更は、指定列車の出発前なら、何回でも可能。
エクスプレス予約、プラスEX
指定列車の変更は、指定列車の出発前なら、何回でも可能。
トクだ値、お先にドクだ値
指定列車の変更は、きっぷの受け取り前なら、何回でも可能。きっぷの受け取り後は一切不可
新幹線北九州・福岡割引きっぷ、新幹線京都・大阪・神戸割引きっぷ
指定列車の変更は、指定列車の出発前なら、1回だけ可能。
九州新幹線2枚きっぷ
指定列車の変更は、指定列車の出発前なら、1回だけ可能。
のぞみ早特往復きっぷ
一切の変更不可。ただし、「かえり」に限り、予約の列車に乗り遅れた場合に、当日の後続の自由席に乗車可能。
スーパー早特きっぷ
一切の変更不可。予約の列車に乗り遅れた場合、運賃のみ有効で、特急券を買い直せば利用可能。
ぷらっとこだまエコノミープラン
一切の変更不可。乗り遅れた場合、後続列車の自由席利用も不可。

購入前に変更ルールの確認を

JRの指定席券は、正規料金で購入した場合、1回に限りますが幅広い予約変更を認めています。回数券に関してはもっと何度でも変更可能という緩やかなルールです。

一方、割引きっぷの場合は、変更に関する制限が厳しくなっています。購入時には、予約変更のルールをよくご確認ください。



Copyright(c) JR新幹線ネット All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com